INTERVIEW 2019.12.25
【メトロ アド エージェンシー】内定者インタビュー「一番自分らしく話せた企業で」

目次 [非表示]

     

    株式会社メトロ アド エージェンシー(以下メトロアド)は、2007年に東京メトロの広告媒体管理業務と株式会社メトロコマースの広告代理業務を一元化し、広告事業を一貫して行うことを目的として設立された、東京メトロ100%出資の広告会社です。設立13期目と比較的若い企業でありながら、その多面的な事業展開によって近年様々な場面で社名を聞くようになった同社は、内定者からどのように映っているのか。

    今回は内定者の桜井さん(横浜国立大学)に入社動機や選考の雰囲気について伺いました!

     

    アットホームでベンチャー気質な社風


    シンアド就活:早速ですが、入社の決め手を教えてください!

    桜井さん:いくつかあるのですが、一番は選考の際にどの企業よりも自分らしく話せたことだと思います。色んな会社の選考受けましたが、メトロアドは1次選考から最終まで、すべての面接官が私の話に関心を持って聞いてくれたんです。私を「試している」というよりかは、「理解しようとしてくれている」ような感覚でした。本当に人が良く、就活生に対しても真剣に向き合ってくれているのがわかりました。

     

    シンアド就活:「自分らしく話せた」という点はマッチングの面でとても大事ですね。働き方の部分で決め手となったことはありますか?

    桜井さん:少数精鋭で一人一人が活躍できるというところも魅力です。1年目から担当企業を持ったり、自ら手を挙げてチャレンジできたりなど、若手社員の一人立ちが早いと聞きました。そのため、自分もこの場所で若いうちから裁量権を持って活躍したいと感じました。

     

    シンアド就活:会社の特徴は何ですか?

    桜井さん:「東京」というフィールドを持っているというところが、大きな特徴でもあり魅力に感じた部分でした。東京メトロの沿線だけでなく、人が一番多く集まる「東京」全体にフォーカスしているため、企業とのタイアップなど従来の広告という枠組みにとらわれず新しいソリューションを提供しているところも決め手の一つです。

     

    シンアド就活:会社の好きなところはどこですか?

    桜井さん:温かい人間関係です。選考の時からそれは感じていましたが、入社を決めてからさらに感じました。内定後の若手社員の方々との懇親会でも入社にあたっての不安や相談に親身になってくれますし、内定式後の役員の方々とのお食事会でも皆さんが本当に気さくにお話しをしてくださって、正直驚きました。

     

    シンアド就活:選考や内定式など早い段階から役員の方々と接する機会が多いのですね。緊張とかはしませんでしたか?

    桜井さん:今まで大学のゼミやサークルではそこまで年上の方と接する機会が無かったので、初めはとても緊張していました。しかし実際にお話しをしてみると「アットホーム」という言葉がぴったりなくらい人間関係の良い会社です。

     

    シンアド就活:他にも会社の意外だった部分はありますか?

    桜井さん:東京メトロのグループ会社ということで最初はお堅いイメージがありました。しかし、選考中はもちろん社員や役員の皆さんとの交流を通じて、ベンチャー気質な部分を内側に秘めている方が多く、チャレンジ精神にあふれているところが意外でした!「意外」と言うと皆さんに失礼かもしれませんが(笑)。

     

    シンアド就活:具体的にどのような部分でベンチャー気質な雰囲気を感じましたか?

    桜井さん:携わっている案件が大きいので、なかなか若手が裁量権を持つのは難しいのでは?と思っていたのですが、若手でも自分から手をあげればチャレンジできる環境という点を知って驚きました。これは現場の社員の方も役員の方も同じご認識でした。

     

    個性が強くてそれぞれが何かの能力に突出している内定同期


     

    シンアド就活:ここからは選考についてお伺いします。印象に残っている選考はありますか?

    桜井さん:あります!特に印象的だったのは最終面接なのですが、面接の部屋に入ったらなんと役員の方がズラッと並んでいらっしゃいました(笑)。 まさか役員の方がこんなにも時間を使って新卒採用に携わっているとは思わなかったためとても驚きました。

     

    シンアド就活:役員が勢ぞろいですか!(笑)。とても緊張されたかと思いますが、その選考は実際いかがでしたか?

    桜井さん:先ほどもお話したように、役員の方も含め選考でお会いした全員の方が私のお話に関心を持って真剣に聞いてくださったので、「この人たちと一緒に働きたいな」と終始思っていました。選考の際のことは入社をしてもずっと忘れないと思います。

     

    シンアド就活:良い経験となったのですね!そもそも初めはどういった業界を見ていたのですか?

    桜井さん:初めは広告業界と印刷業界に絞って就活をしていました。大学ではマーケティングを学ぶゼミに所属をしていたので、そこから色々な商材の売れるしくみに興味を持ち始めました。業界研究を進めていくうちに、出来るだけ幅広い商材のマーケティングに携われると思い広告業界を志望するようになりました。

     

    シンアド就活:今年の内定者の共通点はどこですか?

    桜井さん:それが、どこが共通点なのだろうと思うくらい個性のある人たちが集まっています。強いて言うなら、個性が強くてそれぞれが何かの能力に突出しているという部分が共通点だと思います。

     

    シンアド就活:なるほど。共通点が無いのが共通点ということですね!

    桜井さん:同期となるメンバーが自分には無い個性や魅力を持っていて、4月から良い刺激をもらえると思うと楽しみです!先輩社員の方々もまだ全員としっかりお話しをしたわけではないですが、自分の芯をしっかりと持っていて魅力的な方ばかりです。

     

    シンアド就活:入社後にやってみたい仕事はありますか?

    桜井さん:もちろんまだ実際に働いたことは無いので具体的な内容はイメージがつきませんが、1年目から裁量権を持って仕事に取り組めるのというのは楽しみな部分なので、、私自身もチャレンジ精神を持って色々なことに携わっていきたいと考えております。様々な経験を通してメトロアドだけでなく、東京メトログループ、そして「東京」の価値を高めていけたらと思います!

     

    シンアド就活:最後に就活生へメッセージをお願いいたします!

    桜井さん:私は行動派なので、「迷ったら即行動」をモットーにして就活をしていました。実際に自分の目で見て確かめないと納得できないので、気になったものは行動に移して確認するということを徹底していました。皆さんもネットで調べられる情報を頼りに判断をするのではなく、自分で足を運んで得た情報を大切にしてほしいなと思います!メトロアドでは今年度もインターンや会社説明会を実施するそうなので、ぜひ参加してみてください!

     

    新着イベント
    この記事に関連した記事
    あなたにおススメの記事