就活/準備 2020.11.13
ゆうちょ銀行の内定者ES(エントリーシート)と面接のポイントについて

目次 [非表示]

    ゆうちょ銀行のエントリーシート項目

    ・Q: 日本郵政グループを志望する理由を教えてください。 ※300文字以内
    ・Q: ゆうちょ銀行を志望する理由を教えてください。 ※400文字以内 ※単願の場合は、志望するコースの志望理由を200文字程度、総合職・総合職(クオンツ)を併願する場合は、2コースを志望する理由をそれぞれ200文字程度(合計400文字以内)で教えてください。
    ・Q: 学生時代に最も苦労あるいは努力した経験、そしてそこから学んだことを具体的に教えてください。 ※400文字以内

    ゆうちょ銀行のエントリーシート【実際のセンパイのES例】

    Q: 日本郵政グループを志望する理由を教えてください。 ※300文字以内

    私は幹部として、メンバーのことを第一に考えたサークル運営に努めた経験から、人のために物事に打ち込むことにやり甲斐を感じるようになった。そのため、多くの人々の生活を支える仕事がしたいと考えている。貴グループは約24,000の郵便局という国内随一の店舗網を持ち、その郵便局を通して、お客様の生活に必要不可欠な郵便・貯金・保険のサービスを提供することが出来る。この点から貴グループであれば、より多くのお客様の支えとして貢献出来ると考えたため、志望する。

    Q: ゆうちょ銀行を志望する理由を教えてください。 ※400文字以内 ※単願の場合は、志望するコースの志望理由を200文字程度、総合職・総合職(クオンツ)を併願する場合は、2コースを志望する理由をそれぞれ200文字程度(合計400文字以内)で教えてください。

    数ある銀行の中でも、リテールに注力しそれぞれの地域でお客様に寄り添う貴行の姿勢が「多くのお客様の支えになりたい」という私の軸に合致するため志望する。また、貴行のインターンシップやセミナーを通して、「貴行がこれからまだまだ成長し変わっていく」ということに非常に魅力を感じ、その成長に携わりたいと本気で共感出来た。第三の極としての新しい銀行への成長を通して自分自身も「お客様に最も身近で信頼される存在」になりたい。

    Q: 学生時代に最も苦労あるいは努力した経験、そしてそこから学んだことを具体的に教えてください。 ※400文字以内

    150名規模のテニスサークル幹部として、退会者の削減に尽力した。私のサークルは希薄なメンバー間の繋がりが原因で退会者が毎年40名程いた。私は広報代表として、練習以外にもメンバー交流が可能なコンテンツを作る必要があると考えた。そこで事務連絡の発信に利用していた会報誌やブログを交流の場に変えた。具体的には、リレー形式の「自己紹介記事」や「イベント報告記事」を全メンバーに作成依頼し、集めた記事を会報誌やブログに掲載することで、交流の契機を図った。その際、以下二点を心がけて協力を得た。1:幹部で分担し全員に記事の作成趣旨を丁寧に説明した。2:幹部や意欲的な同期に協力を仰ぎ、率先して記事を書いてもらい、気軽に記事を書ける環境を作った。この結果、新たなメンバー間の繋がりが生まれ、退会者を前年比6割程に抑えることが出来た。この経験から、チームで目標を共有し達成に向けて取り組むやり甲斐を学んだ。

    ゆうちょ銀行の面接について

    ゆうちょ銀行の選考フロー

    ゆうちょ銀行の選考フローは、エントリーシート・Webテスト・面接となっています。面接は2~3回で複数回あります。ただ、年度によっては回数や選考フローが多少変わる場合があるので注意してください。

    ①エントリーシート
    ②Webテスト
    ③面接(複数回)

    エントリーシート

    エントリーシートは志望動機と自己PRを文章でアピールするものです。自分の良い所をアピールするだけでなく、「入社後に活用できる」ことを具体的に示すと自分の個性をわかりやすく伝えることができます。

    ゆうちょ銀行では誠実で、新しいことでも積極的に挑戦できる人材が求められます。なので例えば、学生時代に頑張ったことやアルバイトで積極的にやったことも含めて書くと、誠実かつ積極的に取り組める人であることをアピールできるでしょう。

    ポイント

    ■ゆうちょ銀行では、誠実で積極的に取り組める人が求められる

    ■自分の長所・スキルをアピールするだけでなく、入社後はどんなことをしたいか?も示すことで自分の個性を伝えやすくなる

     

    Webテスト

    ゆうちょ銀行のWebテストはSPIです。また、科目は言語・非言語・適性検査です。高得点を狙う必要はありませんが、いい加減な回答をすると落ちるので、SPIの対策はやっておきましょう。

    SPIの対策方法は参考書がおすすめです。初めてSPIに挑戦する場合は、問題ごとに詳しい解説が書かれているタイプの参考書で勉強するのが良いでしょう。解説が書いてあると解き方のコツを理解することができ、スムーズに勉強を進めることができます。

    ポイント

    ■Webテストの内容はSPI・言語・非言語・適性検査

    ■「解説が書かれている最新の参考書」で対策する

     

    面接

    ゆうちょ銀行の面接は2回あります。面接では、自信を持ってハキハキと喋るように意識しましょう。本記事では、それぞれの面接で聞かれることやアドバイスもいくつか解説します。

    【一次面接】

    一次面接では「学生時代に頑張ったことと、そこから得た力は何か」や「ゆうちょ銀行でのキャリアパスはどのように描いているか」などを聞かれます。一般的な質問内容の他、ゆうちょ銀行のキャリアやサービスについて質問されることもあります。スムーズに答えられるよう、事前にゆうちょ銀行の最新情報や、最近のゆうちょ銀行はどんなことをしているのかを調べておくと良いでしょう。

    【二次面接】

    最後の面接では入社意欲を確かめるために、「数ある金融業界のなかでなぜゆうちょ銀行に入社したいか?」を聞かれます。ここでは、ゆうちょ銀行に入社したい熱意を伝える重要な時間でもあります。ゆうちょ銀行でなければいけない理由を具体的に伝えることがポイントです。

    ポイント

    ■「学生時代に頑張ったこと」や「入社したい理由」、ゆうちょ銀行のサービス等についても聞かれる

    ■「学生時代に頑張ったこと」では、そこで何を得ることができたか?も答える準備しておく

    ■金融業界のなかでゆうちょ銀行に入社したい熱い思いを伝える

    新着イベント
    この記事に関連した記事
    あなたにおススメの記事
    2021年3月卒業予定の方
    2022年3月卒業予定の方