COLUMN 2019.01.07
【ガクチカの書き方】学生時代に頑張ったことがないという方へ

ガクチカの作成方法をご存知ですか?
学生時代に力を入れたことがない場合、どのようにすればいいのか迷ってしまいますよね。
もし書ける内容がなくても、採用者がみていることやポイントを知っていれば、好印象になるガクチカが書けるかもしれません
これから、ガクチカについてご説明しますので、参考にしてみてください。

 

ガクチカでは、何をみているのか?

「ガクチカ」とは、学生時代に力を入れていたことです。主に頑張ったことを、具体的にまとめます。
ガクチカで重要視されるのは、学生時代に頑張った成果ではありません。
素晴らしい賞を取ったことを話しても、「すごいですね」で終わってしまうこともあります。
学生時代に成果を出している人であっても、就職後に活躍できるとは限りません。
頑張った実績は就職後の武器になりえますが、成果よりもその過程や努力の有無をみているのです
よって、学生時代に頑張ったことがない人でも、ガクチカで不利になることはないでしょう。

ガクチカは、「志願者スキルや経験をみる」「自社に合うか確認する」が大きな目的です。
まずは、経験自体のレベルを評価しています。学生時代、意欲的に頑張っている学生は、就職後も努力する可能性が高いです。
コミュニケーションが大切な活動をしていれば、コミュニケーション力があると判断できるでしょう。
経験レベルの高さを知り、採用したい人材かを見極めています。また、力を入れた内容によっては、その企業に合うか考えられるでしょう。
学生が興味を持っていることがその企業と通じるものなら、評価が高くなる可能性もあります

ガクチカの評価では「思考力や伝え方」「その企業に貢献できるか」をみています。
物事を説明する時、分析や思考を繰り返して、伝わりやすい話し方をすることが大切です。文章のレベルをみて、考えて伝える力があるかを評価しています。
採用者から高い評価を得るためには、論理的思考ができるといいでしょう。
ロジカルシンキングの手法を活用して、結果を明確にしてから具体的な内容を説明します。ロジカルシンキングに基づいた説明や話し方ができれば、相手に分かりやすく伝えることができるのです。

その企業へ貢献するために、頑張ったことから何を学んでいるかも評価しています。
学んだことを次に活かすのは、学生だけでなく社会人にも必要なことです。学びを活かせる能力があると、就職後も「いい人材に成長しそう」と予想できます。
また、その企業と関連する学びをしている場合は、「即戦力になる」と期待されるかもしれません。採用の決め手には、採用者の直感や期待感もあります。

つまり、採用者の印象に残り、いい人材になると期待されるガクチカにするといいのです

 

自己PRとガクチカは区別して書こう!

学生時代に力を入れたことと自己PRは同じと思われがちですが、伝えるべき内容が異なります
ガクチカと自己PRが似てしまうこともありますが、区別して説明できるといいでしょう。
ガクチカは、学生時代に力を入れたことなので、部活動やイベントなど取り組みについて書きます。頑張った取り組みから、学んだことや就職後に活かしたいことを伝えるのです

また、物事を取り組む意欲やチャレンジ精神を評価しているので、失敗したことを話しても構いません。失敗をどのように活かしたかを話し、これからも頑張っていくことをアピールできるといいでしょう。

自己PRは、その人の人柄について書きます
自己PRは学生時代だけでなく、幼少期から現在までの話を入れることが可能です。人柄を説明する場合は、このような性格になったエピソードを話すと効果的でしょう。
例えば、「継続力がある」という性格に対し、「小学校の時からランニングを継続している」と説明したとします。
具体的なエピソードを入れることで、イメージが付きやすく説得力も増すのです

 

頑張ったことがない場合、何を題材にすればいいのか?

学生時代に頑張ったエピソードがなく、ガクチカが書けない時は日常生活を振り返ってみましょう
毎日の経験に、ガクチカに書けるエピソードがあるかもしれません。
例えば、「レポートを一回も遅れて出したことがない」という事実があったとします。遅れずに出すことは当然と思われるかもしれませんが、さらに「レポートを書くことが好きです。」「レポートを書く時に、試行錯誤しながら作成するのが得意です。」と話せばいいのです。
社会人になると、報告書を的確に作成する能力が求められるでしょう。
「レポートが得意」という話をするだけで、「企業に貢献しそう」という印象を与えられます。スケジュールの調整力なども、同時にアピールすることが可能です。

部活動やサークルをしていた場合は、結果を残していなくてもガクチカの題材にできます。
ガクチカでは実績よりも努力の有無を重要視するため、「休まずに毎日出席しました。」「応援を頑張りました。」などでもいいのです。
さらに、失敗した時は原因を分析し、問題の解決策を中心的に話すといいでしょう。
問題解決能力や継続力などが認められて、好印象になることもあります。
部活動をしていない場合は、趣味をガクチカの題材にしてみましょう。
例えば、趣味で将棋を始め、方法やルールを頑張って覚えたとします。「書籍やテレビなどを参考にして習得しました。」「毎日、将棋をしています。」と話せば、継続して学べる力を持っていると判断されやすいのです。

その他にも「毎日、自炊をしたので規則正しい生活ができます。」「植物に興味があり、花を育てています。」など、日常の一部分を話しても構いません。
しかし、書かない方がいい内容もあるので、注意しましょう。
例えば、ゲームや漫画が趣味でも、就職したい業種と関係していない場合はガクチカの内容に適しません。
恋愛を頑張っているなども、採用者からは評価されないでしょう。
人との関わりやコミュニケーション力をアピールしたい場合は、恋愛よりもサークルやゼミなどの方が好印象になります
宗教や政治活動、特定の人を批判するような行為は、避けた方がいいでしょう。

 

ガクチカの作成方法とは?

ガクチカを作成する時は、最初に伝えたい結論を入れます

次に、それをしようと思った動機です。
動機は「なぜ興味を持ったのか」など、具体的なエピソードを入れるといいでしょう。動機に基づいて、実際の取り組みや結果・今後の課題を入れます。
実際の取り組み内容は大切ですが、取り組みから「何を感じたのか」「何を学んだのか」を最終的に入れるのが効果的です。
この流れに沿って説明することで、物事を客観的かつ論理的に分析してから伝えられます。

例えば、高齢者施設の手伝いをするボランティア活動に力を入れたとします。
結論は「多くのボランティア活動に参加しました。」です。動機は「人の役に立ちたい、高齢者介護に興味がある」などがいいでしょう。
その後、ボランティアを通じて感じた課題を話し、自分が考えた解決策や学んだことを伝えるのです。
具体的には、「介護をする人数が少ない」という課題に対し、「ボランティアしやすい環境を作る」という解決策を導きます。
その解決策をするために、自分は何をして何を学んだかまで話せるといいのです

 

ガクチカは日常生活の話題でもいい!取り組みの過程や努力したことを伝えよう!

ガクチカは実績をアピールするものではありません。
学生時代に頑張った取り組みの過程、努力の有無などを評価しています。よって、結果を出せなかったことや趣味の話でも構わないのです。

ガクチカを作成する時は、結果を明確にしてから論理的に動機や取り組み内容・今後の課題などを説明できるといいでしょう
これを参考に、ガクチカを作成してみてください。

 

新着イベント
この記事に関連した記事
あなたにおススメの記事