COLUMN 2019.02.07
【学歴】電通に採用してもらえる大学のレベルは?

毎年就活生から高い人気を集めているのが広告業界です。一言で広告業界と言っても様々な企業があるので、ミスマッチが起こらないように各企業の研究をしっかり行い、就活を有利に進めていく必要があります。
ここでは、大手広告代理店の電通に就職するために必要なことや、就活を有利に進めていく方法などについて紹介します。

 

就活生に大人気の電通の魅力とは?

電通は国内だけでなく、海外にも大きな影響力をもつ広告業界を代表する大企業です。電通はいわゆる総合広告代理店なので、仕事内容は多岐にわたります。
広告をデザインする仕事だけでなく、広告宣伝活動を行うプロデューサーなどの仕事もあり、広告業界における役割は絶大です。テレビCMや雑誌広告、ネット広告などあらゆる広告媒体を扱っているため、電通に就職することができれば、自分の仕事にやりがいを持って働くことができるでしょう

また、電通が就活生から毎年高い人気を集めている最大の理由は、仕事の面白さにあります。電通に就職できれば、あらゆる広告・メディアに関わることができるため、自分が持つ能力を最大限に発揮することができます。
さらに、様々な業界や企業と関わりが持てるのも、電通に就職するメリットの一つです。多くの企業から依頼を受けて広告を作成しているうちに、異なる業界に関する知識が豊富になるので、好奇心が旺盛な人に最適な就職先だと言えます。

 

電通に採用されるには学歴が大事

毎年多くの就活生が電通から内定をもらおうと激しい競争を繰り広げるため、他企業に比べて内定獲得の確率は低くなります。
そして、電通から内定をもらうには、学歴が大事なポイントと言えるでしょう。学歴だけですべてが決まるわけではありませんが、それでもある程度のレベルの大学を出ていないと、内定をもらうのが難しくなってしまうのが現実です。

過去に電通に採用された人を見ると、早稲田大学や慶應大学、上智大学レベルの出身者が約8割を占めているため、このレベルより下の大学になると、かなり厳しい競争を強いられることになります。MARCH・関関同立レベルの大学出身者でも全体の1割ほどしかいないため、新卒採用には学歴が大きなポイントになることは間違いないでしょう。

ただし、レベルの高い大学を出ていれば、それだけでいいというものではありません。
早慶上智レベルの学歴があっても、最終的に内定をもらえるのはごく一部の就活生です。学歴が良いということは、あくまで電通から内定をもらうスタートラインに立っただけにすぎません。
そのことを事前に理解した上で、就活の準備を入念に行う必要があります

また、電通など大手広告代理店の就職倍率は少なくても200倍以上と言われているため、甘い考えを持つのは禁物です。電通を目指して就活している学生の中には、帰国子女や留学経験者が多いため、学歴以外のスペックも必要になります。
早慶上智レベルの学生でも、ライバルと比べて秀でるものがないと、早い段階で落とされることがあるので注意しましょう

 

コネを持つことが大切

電通に採用をもらうための激しい競争を勝ち抜くには、コネを持つことが大切です。毎年、電通の採用数の何割かはコネ採用に当たると考えられているため、事前にコネを持っておけば就活を有利に進めていくことができます。
コネといっても、難しい方法は必要ありません。基本的に普通の学生はコネを持っていない場合がほとんどなので、就活中にコネを作り出すことが大切です
コネがあれば、無名大学の学生でも採用される確率が上がります。

コネを作る上で一番役に立つのは、OB・OG訪問です。OB・OG訪問をする就活生は大勢いますが、コネを作り出すには何回も訪問する必要があります。一回や二回のOB・OG訪問ではコネを作るのは難しいと言えるでしょう。
OB・OG訪問をする際は、遠慮せずにその社員の連絡先を聞いておきましょう。また、何度も数をこなして、なるべく上の立場の社員につなげてもらい、自分の顔を覚えてもらう必要があります。
中でも、採用担当の関係者など、なるべく権力のある社員とのコネクションがあると、電通から採用をもらえる確率も高くなります。

 

インターンシップを利用しよう

就活を有利に進めていくためには、インターンシップを利用することも大切です。電通ではインターン採用も行なっているため、内定をもらいたいのであればインターンに参加することは必要不可欠だと言えます。
インターンでは社員との懇親会があるだけでなく、実際の業務体験などもあるため、電通の詳細を知る最大のチャンスとなります。OB・OG訪問をする際の人脈も、このインターンで築くことができるので、ライバルに差をつけるためにも必ず参加するようにしましょう。

また、インターンに参加したり、OB・OG訪問をしたりすることは、採用ホームページに載っていない電通のリアルな情報を知ることができるチャンスです。入社後のミスマッチを防ぐためにも、電通について知りたいことを積極的に質問しておきましょう
ここで得た情報は、実際の選考過程で役立てることが可能です。他の人が知らないような情報を混ぜながら、それについて自分が共感した点を面接で語ることができれば、ライバルと差別化することができ、厳しい競争に生き残ることができます。

電通の面接では自分のことをアピールする時間が限られているので、他の学生と似たような答えをしていては、採用担当者に好印象を与えることができず、すぐに落とされてしまいます。面接を通過するためには、少ない時間で魅力的な答えをしなければなりません。そのために、情報収集が必要なのです。インターンやOB・OG訪問に積極的に出かけていき、社員や現場の生の声を聞き出してみましょう。

自分で努力して得た情報はおおきな武器となって面接の際に役立ってくれます

 

情報戦を勝ち抜こう

電通に限ったことではなく、厳しい就就活を勝ち抜くためには、情報の弱者かた抜け出して様々な情報にアンテナを張り巡らす必要があります。就活はいわば情報戦なので、情報弱者のままでは、どの企業からも内定をもらうことができません。
すでに、本命企業が決まっているのであれば、早い段階から情報収集をして、早めに他のライバルと差をつけておきましょう。その上で、コネを築いて自分の魅力を全面的にアピールする必要があります

就活は先手必勝なので、本命企業が絞れきれなかったり、ダラダラしていると、いつの間にかライバルに追い抜かれてしまいます。「まだ一年あるから大丈夫」「なんとかなるだろう」と考えていると出遅れてしまい、取り返しのつかないことになるので注意しなければなりません。

さらに、電通の内定をもらうために頑張っている就活生は強者揃いなので、この競争を勝ち抜くには相当な覚悟が必要です。学歴も大事ですが、コネの有無も大事なポイントになります。
特に、広告業界は中堅企業でも競争が激しいので、安易な考えで就活に望むのは禁物です。大した志望動機もなしに受けてしまうと、痛い目に合うでしょう。

電通に採用されたいと考えているのであれば、「情報量は誰にも負けない」という姿勢で就活に挑む必要があります。後悔することがないように、早い段階から準備を始めることが大切です。そして、可能な限り最大限の努力をしましょう。

 

激しい競争を勝ち抜く覚悟が必要

電通に採用してもらえるのは、レベルの高い大学を出ているごく一部の学生です。甘い考えで就活に挑むと痛い目に合うので注意しましょう。
また、就活の激しい競争を勝ち抜くには情報収集が必要です。インターンなどに積極的に出かけていき、電通社員とのコネを築いておきましょう。努力を怠らなければ、採用への道も開けてきます。

 

新着イベント
この記事に関連した記事
あなたにおススメの記事