COLUMN 2018.12.21
レディースの就活ヘアスタイルはどんなものがオススメ?好印象のポイントをご紹介!

目次 [非表示]

    女性が就活で好印象を抱いてもらうためにはヘアスタイルが重要だ」 こんなことがよく言われていますし、確かに好印象を抱いてもらうことは大事なポイントですよね。

    しかし、いざ就活本番が近づいてくると、 「就活用の髪型ってどんな髪型なの?」 「何か決まりがあるの?」 「ゴムやピンはどのように使うべき?」などといった、不安や疑問を抱いてしまう人も多いですよね。

    そこでこの記事では、レディースの就活ヘアスタイルについて以下の観点で解説していきます。

    ・第一印象で好印象をつかむポイント

    ・スタイル別おすすめ就活ヘアスタイル

    ・Q&A

     

    重要なことだけをまとめて、女性のヘアスタイルについて理解できるようにしています。 参考にして、就活に活かしていきましょう。

    ヘアスタイルで好印象をつかむポイント5選

    女性が第一印象で好印象をつかむポイントは、どのヘアスタイルでも共通しています。

    ポイントは、

    ・おでこと耳を見せる

    ・ヘアピンやゴムをできるだけ見えないようにする

    ・髪色は黒にする

    ・お辞儀をしたときに崩れないようにする

    ・髪のツヤを保つ

     

    この5点です。 それぞれを解説していきます。

    おでこと耳を見せる

    おでこと耳を見せることで表情が見えるようになり、

    ・どのような仕事にもチャレンジできる人

    ・物事を前向きに捉える人

     

    このような好印象を抱いてもらうことが可能です。 就活は明るい印象を見せることが大事です。 しかしおでこは、女性が気を使って隠したいと考える部分かもしれません。

    ただ、あまりにも隠してしまうと暗い印象を与えてしまいやすいので注意が必要です。

    ヘアピンやゴムをできるだけ見えなくする

    ヘアピンやゴムが露骨に見えてしまうと、違和感を与えてしまいます。

    それは、 隠すか、もしくは髪色に近いものを利用することがマナーになっているからです。 また、ヘアピンやゴムを利用して髪型を整えると、

    ・清楚な人

    ・髪型に気を使っている人

     

    このような印象を持ってもらうことが可能になります。

    ただ、派手なデザインはもちろんNGです。 なるべく髪に隠して良い印象を持ってもらいましょう。

    髪色は黒にする

    就活の髪型は黒色にしておくべきです。 女性は通常、目立たない程度の髪色に染めることが許されています。

    しかし、採用担当の中には、

    ・黒色以外の髪色の社員はいない

    ・このような明るい色で来るということは準備不足?

     

    このようにとらえられ、黒以外の髪色に悪い印象を持つ担当者がいます。 第一印象の良さをつかみ取るためには、髪色だけで印象を下げておきたくはありません。

    パンテーンが「#令和の就活ヘアをもっと自由に」プロジェクトを実施し、2019年は139社が賛同するなど話題になりましたが、まだまだ企業によって大きな差があるのが現状です。

    確実に自由な髪形・髪色OKにしている企業だと言い切れる企業だけを受けるのでもない限り、どのような採用担当者にも対応できるように、髪色は黒にしておきましょう。

    お辞儀をしたときに崩れないようにする

    お辞儀をしたときに髪型が崩れてしまうと悪印象につながります。 ボサボサな髪になるので、「髪型に気を配れていない(隅々にまで気を配れない人という)」印象を与えるからです。

    特にロングヘアーの女性は気をつけて、ピンやヘアゴムなどでしっかり固定しましょう。

    髪のツヤを保つ

    女性の髪ツヤは第一印象で好印象を得るために重要です。 実際の調査で、「髪の綺麗な女性は3割増しに綺麗に感じる」という結果が出ているからです。

    (参考:株式会社ビューティーエクスペリエンス 全国の20~40代の男女600人を対象に「新生活の髪と第一印象に関する調査」

    見た目の印象が良いというのは、特に接客や営業など人に接する仕事であればなおさら、「顧客に良い印象を持ってもらえそうだな」と面接官に思ってもらえそうですよね。

    そのため、普段から髪にツヤを出すようなケアを意識することが重要といえます。

    \最新の就活イベント・お役立ち情報をお届け!/

    シンアド就活  シンアドLINE

    おすすめ就活ヘアスタイル

    髪型は皆さんが抱く悩みですよね。

    ・「じゃあ実際どんな髪型おすすめ?」

    ・「私はどんな髪型が似合うの?」

     

    こんな疑問を持っている人や、お友達に相談された経験を持っている人も多いはず。 そこで代表的なおすすめヘアスタイルを、採用担当が気にするポイントとあわせてご紹介します。

    ・ポニーテール

    ・アップ

    ・ショートヘア

    ・ミディアムショート

     

    ポニーテール

    このスタイルのポイントは、前髪を横に流し、耳にかけておくことがポイントです。

    第一印象で好印象を掴むポイントで説明しましたが、 耳とおでこが出ていると好印象につながります。

    採用担当が気になるポイント

     

    ポニーテールは、

    ・前髪が遊びすぎて顔が見えない

    ・耳が髪で隠れている

    このようになっていると、「後ろで髪をまとめれば良いのに」と採用担当に悪印象を与えてしまいます。

    ポニーテールは、髪をすべて後ろにまとめるオールバックにすることも可能です。 ですから、気になる人はオールバックにしておくこともおすすめです。

     

    アップ

    髪の量が多い人や、ロングヘアーの人などはこちらがおすすめです。

    後ろにまとめた髪を気にする必要がありません。 ポイントは、

     

    ・ピンやゴムで絶対に髪が崩れないようにする

    ・髪の量が多い場合は減らしておく

     

     

    この2点です。

    採用担当が気になるポイント

     

    こちらのヘアスタイルの場合は、清潔感が非常に大きく出ます。

    ですから、CAなどの好印象を持たれることが重要な業界に向いています。 清潔感がより求められる業界の面接では、こちらの髪型でアピールしましょう。

     

    ショートヘア

    ショートヘアーは採用担当に「爽やかな髪型」との印象を持たれることが多くなります。

     

    ・髪色は黒

    ・耳は出す

    ・前髪は流すか眉毛より上にする

     

     

    この3点のポイントは意識しましょう。

    採用担当が気になるポイント

     

    ショートヘアーは、営業などの他人と接する機会が多い職種で好評です。 「機敏に動ける姿」を想像できるからです。 ただ、

    ・髪がボサボサ

    ・髪の量が多い

    このように見えてしまうと、悪印象につながるので注意が必要です。

     

    ミディアムショート

    女性らしさを感じてもらいやすいヘアスタイルです。 しっかりと髪をピンなどでまとめておくことによって、しっかりとした印象を出せます。

    後ろ髪を過度にカールさせるなど、おしゃれを意識しすぎないように注意しましょう。

    採用担当が気になるポイント

     

    少し髪型が崩れた状態の人が多いのがミディアムショートです。 特に崩れやすい髪形なので、崩れていることに気づかない人が多くなります。

    ・お辞儀をした後

    ・会場までの道のり

    その日1日同じ髪型をキープできるミディアムショートにすることを意識して、このような際に髪型が崩れていないかに気を配りましょう。

     

    Q&A

    では、よくある就活ヘアスタイルのQ&Aにお答えいたします。

    Q.服装自由での指定だけど髪型はどのようにしていけばいい?

    A.私服での面接を言い渡された場合に、髪型はどうするのか悩むところですよね。 結論としては、 服装のほうを就活で使える髪型に合わせていくことが無難です。

     服装自由の着眼点は、あくまで服装です。 髪型で個性を見ているわけではありません。

    ですから、服装自由の場合でも、髪型は落ち着いたものにし、それに合う服装を選んだ方が良いでしょう。

    Q.地毛が黒以外の場合は黒に染めるべき?

    A. 極端に明るい色の場合には染めておいた方が無難でしょう。

    女性は地毛の色と髪の長さで、意図せずとも存在が目立ってしまうことがあります。 それを嫌う採用担当者がいることも事実です。 ただ、地毛はあなたらしさとなります。

    ・地毛を隠してあなたらしさを消すのか

    ・地毛のままであなたらしさを理解してくれる採用担当者を見つけるのか

     

    これは自身で判断しましょう。 どちらも正解です。

    Q.パーマはどのくらいかけても良い?

    A.ミディアムヘアーやロングヘアーでパーマをかける人も多いですよね。 これは、わからない程度で留めておきましょう。

    あからさまなパーマを嫌っている採用担当者がいることも事実です。 どのような採用担当者にも対応できる、緩やかなパーマに留めておきましょう。

    Q.髪に整髪料をつけても良い?

    A.もちろんOKです。 ただし、 極端に目立つぐらいの整髪料のつけすぎなどは注意が必要です。

    女性はピンやゴムを利用することができます。ですから、整髪料で髪を整えるならピンやゴムでまとめるべきという考えの採用担当もいます。

    整髪料を多くつけすぎには注意して、なるべくピンやゴムを利用するようにしましょう。

     

    \最新の就活イベント・お役立ち情報をお届け!/

    シンアド就活  シンアドLINE

    女性の髪型は残念ながら自由ではない

    女性の髪型は、

    ・髪を染めることができる

    ・ロングヘアーにできる

    ・様々な就活ヘアスタイルが存在している

     

    ので、ある程度は自由があると思われるかもしれません。 実際に多くの人がこのように感じているでしょう。

    しかし、 就活生の髪型の良し悪しを判断するのは企業側です。 一般的な就活ルールとしてはOKな考えが、採用担当者のルールではNGということもあります。

    あなたを評価する企業の採用担当者は、それぞれの価値観を持っています。

    ・個性を出すこと

    ・無難な髪型で一律の評価を受けること

     

    あなたがこのどちらを取るかは、意見として分かれるポイントですよね。

    「個性は重要だ」と考える人の意見も理解できます。就活生全員が一律の決まりの中でスーツを着用している中で、個性を出せば目立てるからです。

    ただ、 現状の就活では「個性」は悪印象に取られることも多くなります。

    ですから、どのような採用試験でも好印象を得るためには、「どんな採用担当にも対応できる髪型」を選んでおかなければなりません。

    好印象を掴むために無難(減点ポントがない髪形)を選ぶことが現状の得策です。

    女性は髪型が重要!好印象を引き出して就活を成功!

    女性が第一印象で好印象をつかむポイントは、以下の5つです。

    ・おでこと眉毛と耳が見えるスタイル ・ヘアピンやゴムをできるだけ見えなくする

    ・髪色は黒にする

    ・お辞儀をしたときに崩れないスタイル

    ・髪のツヤを保つ

     

    また、おすすめのヘアスタイルは以下のものがあります。

    ・ポニーテール

    ・アップ

    ・ショートヘア

    ・ミディアムショート

     

    就活で成功を掴むためには、どのような採用担当にも好印象を持ってもらうことが重要なので、無難な髪形にしておくことが成功率アップの近道です。

    採用担当からの好印象を引き出して、就活が成功できる可能性を上げていきましょう。

     

    \最新の就活イベント・お役立ち情報をお届け!/

    シンアド就活  シンアドLINE

    見た目篇コラム

    #01 【就活中に私服指定された場合に避けるべき格好】信頼を得やすい格好とは?

    #02 就活では第一印象が大事!男女別のおすすめの髪型をご紹介

    #03 第一印象で失敗しない!就活証明写真のコツ

    #04 就活のスーツ選びと着こなしのポイント

    #05 失敗しない就活用のカバンの選び方は?

    #06 マスターしたい!就活メイクのポイント

    新着イベント
    この記事に関連した記事
    あなたにおススメの記事