BLOG 2017.09.27
【jeki内定者が語る】就活における最悪のシチュエーション #05

※本コラムは2017年に寄稿されたものです。現在の情報と一部異なることがございますが予めご了承くださいませ。

 

 

こんにちは! 東出夏海です。第五回目、最終回です。


*これまでのポイント*

・3年生の間は、自己分析とガクチカをじっくりと煮詰めることによって就活で落ち込んだ時や、迷った時も抜け道が見つけ出しやすくなる。(第一・三回)

・自分の方向性が見えてくると、会社の雰囲気と自分との相性が見えてくるようになり、狙い/軸のある就活ができる。(第二回)

・自分の「性能」ばかりをアピールするのではなく、自分の「性質」に意識を向けることで自分の売りポイントを自覚する。(第四回)

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

子どもの頃『将来の夢』の話をした時は、ほとんどの生徒が夢を語っていました。しかし、いつの間にか、それは...

この記事は会員限定です。

会員登録をすると

続きをお読みいただけます。

この記事は会員限定です。

会員登録をすると続きをお読みいただけます。

新着イベント
この記事に関連した記事
あなたにおススメの記事