就活/業界調査 2018.10.11
今後の働き方について~ベンチャー企業の働き方をきちんと把握しておこう~

目次 [非表示]

    就職活動をする上で、大手企業とベンチャー企業の働き方の違いを知っておくことは非常に重要です。

    大手企業とベンチャー企業の働き方は対照的なので、どちらが優れていると一概に言うことはできません。

    どちらの働き方が合うかどうかは人それぞれなので、自分の将来のライフスタイルなどを考えて、慎重に選ぶ必要があります。就職活動をする前にベンチャー企業の今後の働き方をきちんと把握しておけば、入社後も比較的スムーズに馴染むことができるでしょう。

     

    「ベンチャー企業の働き方」

    ベンチャー企業はまだ成長の途中にある企業なので、新入社員でも早い段階から多くの仕事を任せられるようになります。

    大手企業の場合、新入社員は入社後数ヶ月にわたって研修を受けることが多いですが、ベンチャー企業の場合は1ヶ月くらい研修を受けた後に、すぐ本物の案件を担当することがあるので、スピード感がまるで違います。入社してすぐに働き方に違いが出てくるので、事前に準備しておくようにしましょう。

     

     

    新しいことにチャレンジできる

    ベンチャー企業は入社1年目から大きな仕事を任せられる機会もあるので、やりがいを持って働くことができるでしょう。

    成長の機会も多いので、自分の好きな職種に就職できれば、日々充実した毎日を過ごすことができます。誰かに教えられて仕事をしていくというよりも、一人一人がプロジェクトを担当して、自分を中心にして仕事に取り組むことができるため、活躍の場が大きく広がる快感を味わうことができるでしょう。

    自分の成長とともに、会社がどんどん成長していく過程を楽しめるのは、ベンチャー企業の持つ大きな魅力だといえます。型にはまった仕事だけではなく、自ら考えて仕事ができるメリットもあるので、新しいことにチャレンジしたい人に最適だといえるでしょう。

     

     

    早い段階から様々な仕事ができる

    ベンチャー企業の場合、比較的早い段階から様々な仕事を任されるため、成長スピードも早く、結果さえ出していけば20代や30代前半のうちに重要なポジションに就くこともできます。成果を出せば、それだけ給与もアップしていくため、頑張れば頑張った分だけ評価してもらうことができます。

    成功した時の報酬がわかりやすいので、一つひとつの仕事に大きな遣り甲斐を感じることができるでしょう。

    若いうちに得た経験を活かして独立する人も多いので、強い上昇志向を持つ人や起業志向のある人に向いているといえます。

    事業の企画マーケティング業務広報若手の指導など、幅広い仕事を若いうちから経験することができるため、自分の適性を知ることも可能です。

    自分がどのようなポジションに適しているのか早い段階で気づくことができるため、将来の可能性も広がるでしょう。


    また、経営者との距離が近いのも、ベンチャー企業の特徴だといえます。
    同じフロアで経営者が働いていることも珍しくないので、経営者の仕事に対する姿勢を身近で感じながら自分の仕事に取り組むことができます。

    優秀な経営者の近くで働くことができれば、成長スピードもさらに早くなるでしょう。人数の少ないベンチャー企業であれば、社長が直属の上司になる場合もあるので、優秀な人のすぐそばで働きたい人にしてみれば非常に魅力的な仕事環境だといえます。

     

     

    仕事のスピードが早い

    どのベンチャー企業も基本的に仕事のスピードが早いため、慣れないうちは大変かもしれません。

    日々の業務だけでなく、意思決定も早いので、迷っている暇はありません。ただ一旦仕事のスピードに慣れてしまえば問題ないので、慣れるまでの辛抱です。ベンチャー企業では常にスピーディーに仕事を進めていくことができるので、より多くの仕事に携わることができる魅力があります。経験を増やしていくにつれて、仕事に対するモチベーションもアップするでしょう。

     

     

    プライベートの時間を確保する努力が必要

    ただ、ベンチャー企業は入社1年目から活躍できる反面、仕事がハードになりやすいので、プライベートの時間をしっかり確保する努力が必要です。

    基本的にベンチャー企業は人手が足りていないため、1人が複数の役割を担当することも珍しくありません。多くの経験を積むことができるため仕事にやりがいを感じることができますが、仕事に夢中になってしまうとプライベートの時間を確保しずらくなるので注意しなければなりません。

    複数の仕事を任されるということは、それだけ責任やリスクを背負うことになるため、時にはプレッシャーを感じることもあるでしょう。毎日仕事ばかりしていては息抜きができないため、仕事のない日はしっかり休むなど自己管理を徹底する必要があります。

     

     

     

    働き方は様々

    さらに、一口にベンチャー企業といっても、働き方は企業ごとに様々なので、事前にいろんな企業の働き方を比較しておくといいでしょう。

    社員の働き方改革を積極的に行なっているところもあるので、そのようなベンチャー企業に就職すれば、毎日忙しくてもプライベートと両立が可能になります。

    ベンチャー企業の中には、子供やペットと一緒に出社できるケースもあれば、在宅で仕事可能なケースもあります。育児のために在宅で働く場合であっても、正社員同様の条件で雇用してくれる企業もあるので、そのような企業に就職すれば結婚出産後も安心して働き続けることができるでしょう。

    一人一人の事情に合わせて柔軟に勤務体制を整備できるのは、ベンチャー企業の持つ強みだといえるでしょう。

    従業員の働きやすい環境や、個人のワークライフバランスを重視しているベンチャー企業も多く、多様な働き方が広まってきているので、自分のライフスタイルに合った働き方を目指すことも可能です。

    今後は働き方の多様化の流れが加速していくことが考えられるため、ベンチャー企業に就職するメリットは非常に大きいと言えます。

     

     

    自分に合った働き方を見つけるチャンス

    ベンチャー企業というと、仕事がハードだったり経営が安定していなかったりするイメージを持つ人も少なからずいますが、それは大手企業でも同じです

    ベンチャー企業の場合、新しいことに対してスピーディーかつ柔軟に対応できるメリットがあるため、働き方の多様性を認める企業も多く、副業や時短勤務を認めている企業もたくさんあります。
    ベンチャー企業には自分に合った働き方が見つかるチャンスがあるので、多くの選択肢の中から最適な企業を見つけてみるといいでしょう。

    同じベンチャー企業でも働き方が異なるので、自分できちんと見極めなければなりません。ベンチャー企業を選ぶときは、将来なりたい自分をイメージしてみましょう。将来どんな働き方をしたいのか具体的にイメージすることで、自分に向いているベンチャー企業も見つかりやすくなります。

     

     

    若手でも意見を出しやすい

    基本的にベンチャー企業は社員と社員の距離が近いため、働き方など改善してほしい点があれば、若手でも意見を出しやすい魅力があります。

    20代や30代のうちに重要なポジションに就くことができれば、企業の働き方を自ら変えることも可能です。自分で企業の在り方を変えることができるのは、非常に魅力的だといえるでしょう。

    ベンチャー企業はネームバリューが低くても大きな可能性を秘めた企業が多いため、早いうちから就職しておけば、世に存在を知られる頃には重要なポジションで企業を引っ張っていくこともできます。ベンチャー企業は自分の希望を叶えやすい側面もあるため、自分が望む働き方や生き方を実現できるチャンスは高いといえます。

    古臭い概念やルールに縛られずに、効率の良い働き方を実現できるのはベンチャー企業の大きなメリットです。一人一人の個性やライフスタイルも重視されやすいので、出産や育児で仕事を手放すことなく、長く働き続けることも可能になります。
    これまでにない働き方を求めているのであれば、ベンチャー企業への就職が向いているといえるでしょう。

     

     

    ベンチャー企業の選び方

    ベンチャー企業を選ぶときに重視すべきは、将来への可能性です。

    利益の期待できるビジネスモデルであれば、今後も安心して働き続けることができるでしょう。
    逆に短期間しか利益の出せないビジネスモデルであれば、今後は厳しい状況に追い込まれるかもしれません。優良なベンチャーキャピタルから投資を受けていれば、専門家から「将来性がある」と評価されている証しなので、ある程度将来に期待が持てるといえます。

    事前にその企業がどこから投資を受けているか調べておくといいでしょう。

    事務所の移転履歴もチェックしておきましょう。

    狭い場所から広い場所に移転を繰り返している企業であれば、今後も成長が見込める企業だといえます。事業が拡大すると、人員も増えて大きな事務所が必要になってくるため、より広い事務所が必要になります。広い事務所を借りるとなると、それだけお金が必要になりますが、実際に広い事務所に移転できている企業は業績が伸びているか、伸びる見込みのある企業なので、今後も安定して働くことができる可能性が高いといえます。逆に広い事務所から狭い事務所に移転している企業は、業績が悪化している証拠なので、今後の成長を見込むことはできません。
    今後も安定して働き続けたいのであれば、将来性のあるベンチャー企業を選びましょう。

    ベンチャー企業は従業員一人一人の役割が大きいので、自分の能力がそのまま企業の業績に直結します。ベンチャー企業の将来を決めるのは自分次第と言っても過言ではないので、責任感と将来への展望を持ってきちんと働かなくてはなりません。ベンチャー企業に就職するのであれば、自分が経営者になったつもりで、この企業をどのように発展させていきたいのか考えながら働きましょう。

     

    「最後に」

    テクノロジーの発達とともに、今後は時代に柔軟に対応できる企業が重宝されます。

    女性や高齢者の社会参加も活発になり、働き方の多様化が進んでいくことも見込まれます。そのような時代の流れを真っ先に取り入れやすいのがベンチャー企業です。
    育児や介護との両立、副業との両立や在宅勤務など様々な働き方が導入されていくため、自分らしく働きたいという人にはベンチャー企業への就職が向いているといえるでしょう。

     

    新着イベント
    この記事に関連した記事
    あなたにおススメの記事
    2022年3月卒業予定の方
    2023年3月卒業予定の方