COLUMN 2019.11.21
「就活ってなにしたらいい?」と悩む人へのアドバイス

目次 [非表示]

    情報収集はこまめに行う必要があるが取捨選択を忘れてはいけない

    就活では何よりも情報収集が重視されます。古い情報のままではライバルに先を越されてしまうおそれがあるので、企業の採用状況や求められる人材の傾向などを正しく把握しなければいけません。優秀な人材でも企業の方向性と合致していなければ採用されないので、どの企業がどのような人材を欲しているかを知っておくのが就活を有利に進めるための秘訣です。

    就活サイトを複数比較する他、企業の採用担当者のSNSを確認するのも効果的な情報収集のひとつです。しかし、巷に溢れている情報は玉石混交であり、中にはまったく役に立たないどころか嘘の情報が紛れていることもあります。そのため、本当に役立つ正しい情報を見分ける必要があるのです。

    現在の就活は口コミサイトや掲示板などネットでの情報収集が主流ですが、出所が分からない情報を鵜呑みにするのは禁物です。事実とはかけ離れた内容にも関わらず、もっともらしい言い回しで表現しているケースも少なくありません。簡単に複数の情報を比較できるメリットは大きな魅力ですが、嘘の情報に惑わされるリスクもあることを忘れてはいけないのです。

    就活で正しい情報を得るには情報の出所をよく確かめたうえで慎重に判断することが重要と言えます。情報の取捨選択を正しく実行できるスキルはビジネスの現場で非常に役に立ちます。将来に備えて情報の読み方を勉強するのが就活生に求められる姿勢です。

    身だしなみに気を配って清潔感を保つことが大切

    就活において見た目の良し悪しは無視できないポイントです。学歴や社会奉仕活動など優れたアピールポイントを持っていても、不潔でだらしない格好をしていたらすべてが台無しです。

    人を見た目で判断するのは良くないとされていますが、就活に従事していながら身なりを整えることを怠るような人は、だらしないと判断されても仕方ありません。不潔な人は社会性が欠落していると見なされる可能性もあるので、希望する会社で働きたいなら清潔な状態を保つと共に、身だしなみにも細心の注意を払いましょう。就活用のリクルートスーツも一着を何日も着るのではなく、予備を複数用意して使い回すのがシワや汗臭さによるマイナスイメージを避けるための工夫となります。

    ヘアスタイルについても同様であり、乱れが無く整った状態を維持して清潔感を与える事が大切です。その一方で整髪料を使い過ぎたり脱色など派手なアレンジを施すのは却って雰囲気が悪くなるので注意しなければいけません。

    ヘアスタイル以外について男性ならひげのお手入れ、女性なら顔全体のスキンケアが重要なポイントになります。清潔感を保ち、自然な感じで見栄えを良くするのが就活生としての正しい取り組みです。

    \就活イベント・就活のお役立ち情報をお届けします/

    シンアド就活 シンアドLINE

    自己分析も必要だがこだわり過ぎないように注意する

    自己分析は効率的な就活に不可欠とされています。自分がどのような仕事に向いているのか、自分の仕事に対する能力はどのようなものかを客観的に判断するのに最適とされ、自己分析の結果が就活の方向性を決めると言っても過言ではありません。簡単な質問で自己分析ができる診断ツールを公開している就活サイトもあるので、上手に使えば就活の問題点を見直すのに役立ちます。

    その一方で自己分析はあくまでもその時の状況を簡易的に示した内容なので、一回の分析だけですべてを判断してしまうのは早計です。

    また、自己分析の結果に基づいて就活を行っても必ず希望通りに採用されるとは限らないと認識する必要があります。自己分析はあくまでも就活の方向性を決める際の参考資料のようなものなので、分析内容にこだわり過ぎてもいけません。自己分析の結果とは全く異なる内容が自分自身の本質という可能性もあるので、迷いが生じたら一旦すべてをリセットして、まっさらな状態で考え直すのが効果的な対処法と言えます。

     

    資格取得は効果的なアピールになる

    就活で大事なのは自分がいかに優れた人材であるかをアピールすることです。ライバルが大勢いる中で自分を選んでもらうには、魅力的なアピールポイントが欠かせません。企業が求める人材になるにはその企業の業務内容に適した資格や免許を取得するのが良い方法と言えます。

    機械操作や車両の運転が必須な業務ならそれらに関係する資格や免許を持っていれば非常に有利です。また、英語など外国語の検定試験で好成績を収めていれば外国人と接する機会が多い業務に重要な人材と高く評価されるのは間違いありません。即戦力になることをアピールするには資格などを持つことが最適な方法と言えるのです。

    資格取得は就活に有利ではありますが、その一方で方向性に合わないとアピールポイントにはなりません。むしろ就活の役に立たない、余計な資格の取得で時間を浪費したと見なされる可能性すらあります。

    企業側に良い印象を与えるとの理由で様々な資格を取得する就活生も少なからず存在しますが、その資格が本当に就活のプラスになるのかを慎重に判断しなければいけません。資格を取るのは時間だけではなくお金もかかるので、金銭的な負担を無視するのは得策とは言えないのです。

    \就活イベント・就活のお役立ち情報をお届けします/

    シンアド就活 シンアドLINE

    就活は長期的な視野で取り組むことが大切

    就活生にありがちな失敗として取り組みへの遅れが挙げられます。就活は学校への入学前からすでに始まっていると言っても過言ではありません。なぜなら就活に必要な実績は長期的に継続させて初めて意味を持つためです。

    学校に入学してから様々な活動を行っても、就活に有利だからとりあえず手を出してみたと見なされる可能性があります。特にボランティア活動やサークルの運営などは就活に有利とされていますが、それだけに付け焼刃なイメージを持たれやすいデメリットもあることは無視できません。

    スポーツや楽器の演奏のような習い事を子供の頃から続けている人はひとつの物事に長く取り組む根気強さを持っていると好意的に評価されることが多いので、人によっては就活目的で自分の子供に習い事をさせるケースもあります。

    インターンシップへの参加を忘れてはいけない

    企業での実務体験であるインターンシップは就活の方向性を正しく決めるのに不可欠です。インターンシップへの参加が将来の人生設計を決めることもあります。仕事に対するイメージは必ずしも正しいとは限らず、実際に働いてみるとまったく異なるというケースは珍しくありません。インターンシップへの参加はイメージと現実との差を縮め、就活の方向性を修正する効果があるのです。

    就活ではネットで情報を集めたり就職希望先で働いている人の意見を聞くのも良い方法ですが、仕事の実状を正しく知るにはインターンシップに勝るものは無いと言えます。企業によって多少の違いはありますが一週間から十日ほどの日数を費やすので、スケジュール調整には注意することが大切です。

    インターンシップの日程や参加条件は企業が公開している情報で確認できますが、時には特定の就活サイトやエージェント会社など限られた情報媒体だけに公開されることがあります。そのような企業は求める人材の質も高いので内定を貰うのは決して容易ではありませんが、自身のキャリアアップを図るのに最適な職場でもあります。

    インターンシップへの参加は自身のスキルを再確認し、何が不足しているのかを知る絶好の機会です。就活で良い結果を出すためにも、仕事へのイメージの修正や企業の実状を把握することを怠ってはいけません。

    \就活イベント・就活のお役立ち情報をお届けします/

    シンアド就活 シンアドLINE

    新着イベント
    この記事に関連した記事
    あなたにおススメの記事