就活/マナー 2019.01.01
就活の成功はヘアスタイルで掴む!メンズのヘアスタイルを解説!

目次 [非表示]

    就活が近づくと、ヘアスタイルも就活向けにする必要があります。しかし、就活をはじめるにあたり、髪型に対して

    ・どんな風にすればいいのか
    ・今のままで就活にのぞめるだろうか

    このように不安を持っているのではないでしょうか。

    しかし、それはあなただけではないはず。就活では、誰もが就活ヘアスタイルにするのは初めてで、みんな同じように悩んでいるでしょう。

    そこでこの記事では、メンズ向けの就活ヘアスタイルのポイントや例を紹介していきます。本記事を参考にして、就活の成功をヘアスタイルからも掴みとりましょう。

    就活ヘアスタイルのポイント3選

    就活生のヘアスタイルには、守らなければならないポイントが3点あります。

    ・前髪は眉毛より上
    ・髪色はナチュラルな色
    ・髪のボリュームがちょうど良い

    それぞれを解説していきます。

    前髪は眉毛より上

    前髪は、眉毛より上で整えられていると清潔感を感じられます。そこで、就活では身だしなみを通して好印象を抱いてもらうために、前髪が眉毛より上である必要があります。

    考えてみてください。面談の最中に隣にいる就活生が、もしも変に長すぎる前髪だったり、前髪を高い頻度でかきあげていたりしたら、あなたならどのように感じるでしょうか。

    悪印象を抱く人も少なくはないはずです。ましてや、伸ばしかけの前髪や、額に落ちた前髪をかきあげることは、就活以外でも悪印象といえます。

    そのため、就活の指導で「前髪は眉毛より上で整えてくれ」と一般的にも言われています。

    髪色はナチュラルな色

    次のポイントは、 髪色がナチュラルに近い色のほうが好印象だという点です。大学生活の中で髪を染める経験をした方も多いでしょう。

    しかし、髪を一度明るい色に染めると、上から暗い色で染めたとしても陽が当たった場所などで若干明るい色に見えてしまう可能性があります。

    さらに、色落ちした状態に気づかずに面接に行ってしまう可能性も出てきます。どちらの場合でも、そのまま就活に望めば、失礼にあたるので、「事前に準備していない」と人事採用担当に感じられてしまいます。

    人事担当者はそう言ったところを注意深く見ているので、就活前などは特にナチュラルな色に髪を戻すことを考えて、

    ・就活が迫った状況で派手な色に染めない
    ・就活間際でブリーチをおこなわない
    ・地毛の色に戻すためにどうするのかをカットの際などに相談する

     

    このような対策を、就活のスケジュールを踏まえてよく考えておくことがポイントです。 

    髪のボリューム感がちょうど良い

    髪のボリュームがちょうど良い人は、髪をしっかりと整えれていると判断されます。 髪のボリュームは、見た目の良し悪しが即座に判断できる重要なポイントです。

    なぜなら事前に、美容室や理容室に行って整えてもらえばボリューム感を抑えられるはずなので、本来なら簡単に対策できることのはずです。

    つまり、ボリュームが多すぎる場合は「 事前に身だしなみを整えなかった手抜き」と判断されかねません。更に、見た目の不自然さが誰の目で見ても明らかとなり、悪印象を持たれてしまいます。

    面接や面談を受ける際は、事前に美容院などで整えておきましょう。

     

     

    おすすめ就活ヘアスタイル4選

    それでは、就活が成功するおすすめのヘアスタイルを、4つ選んでご紹介します。

    ・柔らかいパーマのショートヘアスタイル
    ・前髪上げショートスタイル
    ・ショートマッシュスタイル
    ・ワックスをあまりつけないヘアスタイル

     

    柔らかいパーマのショートヘアスタイル

    (引用:BIGLOBE Beauty)

    柔らかなパーマをかけて、揉み上げあたりのボリュームを少し減らす髪型です。

    このスタイルは、 パーマをそれとなくかけていることで隠れたこだわりとなるので、おしゃれに関心がある就活生に人気です。さらに、ワックスなどの整髪料を付けたときに、パーマが活きて髪を整えやすいのも特徴です。

    ポイント

    このスタイルのポイントは、髪を束状にして作りこむことです。写真を見ると、髪が少し束になっているのが分かるかと思います。

    ただ、あまり束を作りすぎると「派手なヘアスタイル」と捉えられてしまいますので、適度に束を作りましょう。そうすれば清潔感を維持しつつおしゃれに見えるはずです。
     

     

    前髪上げショートスタイル

    (引用:BIGLOBE Beauty)

    こちらのスタイルは、ビジネスマンに人気です。就活生がこのスタイルにすれば、大人びた印象を持ってもらえる可能性が高まります。

    また、こちらのスタイルは、 1度覚えてしまえばセットが簡単です。髪の長さだけ均等にしていれば、いつも同じヘアスタイルにすることが可能です。

    ポイント

    このヘアスタイルは前髪を横に流すことがポイントです。そうすることで、前髪が眉毛にかからないのでおでこが強調され、表情が伝わりやすくなります。

    笑顔を長所としている就活生は、このスタイルで表情を強調すると好印象でしょう。

     

    ショートマッシュスタイル

    (引用:BIGLOBE Beauty)

    こちらは、最近ビジネスマンの間で人気があるショートマッシュスタイルです。

    人気の秘密は、自由度が高くセットによって印象が変わるので、 プライベートでもおしゃれなヘアスタイルでいることができるからです。

    また、このスタイルにしておけば、 髪のボリュームを減らすようなセットの仕方で、よりビジネスに寄せたヘアスタイルに調整することも可能なのです。

    以前は企業の採用担当から、マッシュスタイルは就活に適さない、とされていました。しかし、近年の若手社員にこの髪型が増えてきたことによって、寛容になってきました。

    ただ、もし不安であれば、「マッシュ系のヘアスタイルで就活に対応できるようなカットをしてください」と美容師や理容師の方にお願いしたほうが良いかもしれません。

    ポイント

    ショートマッシュスタイルは、前髪の長さが比較的長めです。また、ビジネスマンだけではなく、大学生のプライベートの髪型として、世の中全体で人気が高まっている髪型でもあります。

    そのため、IT企業などのビジネスカジュアルで勤務することになる企業にはマッチします。ただ、毛先を遊ばせすぎるのは注意が必要です。おしゃれよりもビジネスの清潔感を重視しましょう。

     

    ワックスをあまりつけないスタイル

    (引用:BIGLOBE Beauty)

    髪をセットするのが面倒だ、と思う方も多いはずです。そんな方には、あまりセットを必要としないこのようなスタイルがおすすめです。

    就活では、ワックスなどの整髪料を使わなければいけないという決まりはありません。つまり、使いたくなければ使わなくても良いのです。 このような髪型にしておいて、セットの手間を省くのもおすすめです。

     

    ポイント

    この髪型は、ワックスで変化をつけることもでき、スタイルに汎用性がある点がポイントです。

    面接に向かう企業の社風や人事の人柄などに応じて、整髪料の有無を使い分けスタイルを変えることは、立派な就活対策の1つです
     


    そういった対応をおこないたいと考えている人は、このようなスタイルがおすすめです。

    ヘアスタイルQ&A

    では、よくある就活ヘアスタイルのQ&Aにお答えいたします。
     

    Q.服装自由の企業では髪型はどうすれば良いですか?

    A.最初は様子を見たほうが良いので、 就活ヘアスタイルでいきましょう。

    また、事前にOB・OG訪問などで髪型に関する情報を集めておくこともおすすめです。
     

    Q.地毛が黒以外の場合も黒に染めるべきですか?

    A.結論から言えば、答えはありません。これは難しい問題ですよね。最近は企業や担当者によって、「地毛の場合はその色で良い」という場合もあれば、「黒じゃないと許さない」という考え方を持っているケースもあります。

    そのため、企業の考えかた次第とはなりますが、 どんな企業にも対応できるよう、髪色を黒に変えて臨むことが無難な方法といえるでしょう。

    ただ、地毛の色を変えることに関して、疑問点を持つ人も多いはずですよね。そんな場合は、あなた自身で答えを決めたら、それが正解となるはずです。なぜなら、最終的に決めるのはあなただからです。
     

    Q.暗い色なら染めても良いでしょうか?

    A.「暗い茶色なら就活は大丈夫」と言われた経験がある人も少なくないかもしれません。ですが、 就活での髪の色はできるだけ地毛か黒の方が無難です。

    人事採用担当からヘアスタイルで気になる点として多く挙がるのが、髪の色です。黒以外の明るい色のカラーだと気になる、という声が多いのです。

    そのため、 もし染めるのであれば茶色ではなく黒色一択にしておきましょう。そうすれば、髪の色を染めたことが原因で人事に悪印象を与えることは、まずないでしょう。
     

    Q.変な髪型になってしまったどうすれば良いですか?

    A. そのままでいきましょう。面接の際に「髪型がおかしくてすみません」なんて言えば、面接官からどのような印象を持たれるでしょうか。

    おそらく悪印象のはずですよね。言い訳のように聞こえてしまいます。そのため、あまり気を使いすぎないようにしましょう。 縁さえあれば内定はもらえるはずです。

     

     

     

    就活では第一印象も重要

    就活では、面接や書類に書いてある内容も重要となりますが、就活生の身だしなみも評価基準の中に入ります。つまり見た目の印象ですね。見た目が第一印象を大きく左右するという話を、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

    例えば、靴が汚れていることや、スーツにシワがついているなども、悪印象に繋がるので気をつけなければいけません。

    同様に、髪型も身だしなみのうちです。ボサボサ頭などの、あまりに気を使っていないように見える髪型は、当然ながらNGです。逆に、しっかり整えておけば清潔感が出るので、身だしなみが良いということで好印象に繋がります。

    実際に採用担当者から聞いた話の中でも、「 他の候補者と迷った際などに身だしなみは判断材料として重要な点になる」という意見がありました。せっかくであれば、身だしなみを整えて好印象を掴んでおきたいものです。

    髪型は第一印象の命!

    就活の成功をヘアスタイルで掴むような就活生に共通するヘアスタイルのポイントは、


    ・前髪は眉毛より上
    ・髪色はナチュラルな色
    ・髪のボリュームがちょうど良い

     

     

    この3つです。この3つを意識しながら、就活ヘアスタイルとして自分と相性の良い髪型で就活をおこないましょう。

    第一印象をセンスのある髪型で良いものにすれば、就活は成功に近づきます。なぜなら、面接では答える内容と同時に、就活生の印象も重要な評価のポイントになっているからです。

    髪型も身だしなみのうちであることを考えて、ヘアスタイルもしっかり整えましょう。

     

     

     

    新着イベント
    この記事に関連した記事
    あなたにおススメの記事
    2022年3月卒業予定の方
    2023年3月卒業予定の方