COLUMN 2018.12.06
【就活留年にはどんなデメリットがあるのか】メリットとするかデメリットとするかはその人次第

就職活動中の大学生の中には、満足の行く就職活動ができないなどの理由で、就活留年を考えている人もいるでしょう

しかし、就活留年をするとどんなデメリットがあるのかわからず不安に思っている人もいます。そこで、今回は就活留年のデメリットについて、詳しく解説していきます。

就活留年とは

就活留年とは、希望する企業に就職できなかったり内定が一つもない場合などに、卒業せずに就活を続けることです。

似ている言葉で就職浪人という言葉がありますが、就活留年と就職浪人では、意味が違います。

 

学校に在籍しながら就職活動を続ける就活留年とは違い、就職浪人は、卒業しても就職先が見つからず、就活を続けている人のことを指します。

では、就活留年には、具体的にどんなデメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

 

金銭面でのデメリット

大学を留年した場合には、1年分の学費を余分に払わなければならなくなります。

奨学金の貸与も停止してしまう場合があり、全て自分で負担する必要があります。

更に、生活面でも、学校に行きながら家賃や食費などを稼ぐ必要があるため、家族などから援助がない場合には大変になってしまうことも考えられます。

 

ただし、卒業単位を既に取得している場合には、就職活動以外ではそこまで学校に行く必要がないという場合もあります。

その期間を利用して、生活費を稼ごうと考えている人もいますが、授業がないとしても就職活動は忙しいためアルバイトに充てる時間が限られてしまうことも考えられます。

その限られた時間の中で、学費と生活費を稼ぐことは難しいでしょう

 

そのため、もし就活留年を考えているのであれば、学費や生活費などを援助してもらえるように家族などに相談してみることをおすすめします。

しかし、1年の生活費、学費は決して安い金額ではないため、明確な留年理由がなければ、家族を説得することができない場合も考えられます。

 

大学生活でのデメリット

同級生の多くが卒業してしまい、今まで一緒に過ごしてきた友達がいなくなってしまうことも考えられます

そのため、一緒にお昼を食べる友達、授業を受ける友達がなかなか見つからず、孤独感や疎外感を感じてしまうこともあるでしょう。

また、周りがほとんど卒業している中で、自分だけ留年しているということに対して、「次は失敗できない」などの焦りが出てきてしまい、過度なプレッシャーを感じてしまうことも少なくありません

そうなってしまうと、留年しても精神的に持たずに退学してしまうということにもなりかねません。

そのため、留年をする場合には自分の軸をしっかり持って、ブレずに生活するということが大切になってきます。

 

また、就活をする際にもデメリットがあります。

それは就活仲間を見つけることです

留年をするということは、一つ下の学年と一緒に就活をするということです。

そのため、中々就活仲間が見つからないという事態が起きる可能性もあります。

 

特に、後輩付き合いが苦手な人にとっては大きなデメリットになります。

人によっては、就活仲間がいなくても一人で頑張ればいいという考えを持つ人もいますが、就活をするにあたって、就活仲間はとても大事な存在になります。

企業の情報交換や面接対策などを一緒にできる仲間がいない場合には、情報を集めるという面で、不利になってしまうことが考えられます。

 

それだけでなく、就活というのはとても気力がいります。

エントリーシートを書いたり、面接に行ったりと精神的な負担も比較的大きくなってきます。

そのため、一緒に励まし合える友達がいるのといないのでは、大きな差が出てしまうこともあります

 

就活留年をする場合には、例え後輩付き合いが苦手でも、自分から声をかけて就活仲間を見つけるということが大事です。

そうすれば、就活だけでなく新しい友達も増えるため、孤独感や疎外感を抱くことも少なくなるでしょう。

 

就活でのデメリット

就活留年の捉え方は、企業によって異なります。企業によっては就活留年にマイナスイメージを抱く企業もあるのです

そのため、就活一年目の学生と比べると不利になってしまうことも考えられます。

 

面接では、留年をした理由を聞かれることもあるため、企業側が納得できるような理由を説明できるようにしておくことが大切になってきます。

安易な理由を述べてしまうと、企業によってはマイナス評価とされてしまうこともあります。

 

また、就活留年をしたからといって、次の年で必ず就職できるとは限りません。そのため、就活留年をする場合には、自分はなぜ留年をするのか、どこの企業に就職したいのかということを明確にしておくことが大事になってきます。

そうすることで、面接で留年理由を聞かれても、留年をマイナスイメージと捉えられないような理由を説明できるでしょう。

 

更に、面接の際に、就活1年目の学生よりは就活留年をしている学生の方が厳しい目で見られるということもあります

それは、就活留年をしている学生であれば、一度は就活を経験しているため、できて当たり前という目で見られてしまうからです。

 

そのため、就活留年をした人と、就活1年目の能力が同じぐらいだと企業が判断した場合、就活1年目の学生が有利になってしまうこともあるのです。

そうならないためにも、面接対策や留年理由、留年中にしてきたことなどを明確に、そして企業側に納得してもらえるようにしておくことが大事になってきます。

 

ただし、留年をしているからという理由だけで不採用とする企業は少数派です。

就活留年をしているということは、すでに就活を経験しているということです。それらはまだ就活経験の浅い学生と比べると、とても大きな武器になるでしょう。

 

その経験を活かし、一年目の就活とは違うレベルで就活を行うことができれば、一年分の学費も無駄にならず、例え留年していたとしても有利な土俵で就活を進めることができるでしょう

 

就活留年はしないほうがいいのか

就活留年のデメリットを考えると、就活留年はしない方がいいのかと考える人も出てきます。

しかし、就活留年をした方が良いのかしない方がいいのかは、人それぞれです

 

学費を余分に払うのが嫌だという人や、周りに友達がいないのは耐えられないという人であれば、卒業をしてからも就職を続ける就職浪人という手もあります。

しかし、その場合には、新卒という枠ではなく、既卒や第二新卒として扱われる場合がありますので注意が必要です。

 

ですが、就活留年の場合には新卒枠として就職することが可能です。

また、留年中に資格を取得したい場合などには、使える時間が比較的多いためメリットがあると言えるでしょう

 

就活留年をする際の心構え

就活留年をするのであれば、それなりの覚悟が必要になります。

周りの友達も一気にいなくなりますし、余分に学費を払う必要があったり生活費を捻出する必要もあります。

そのため、まずは留年をする目的を自分の中ではっきりさせておくことが大事です。

安易な気持ちで留年してしまうと、友達が卒業してしまっていることなどが精神的な負担となり結局退学してしまうという事態にも繋がります。

面接でも留年した理由を明確に伝えることができず、不利になってしまう場合もあります。

 

更に、金銭的な計画を立てておく必要もあります。

どうしても自分では捻出できないという場合には、家族に相談してみることも大事です。

 


就活留年にならないように
自分にぴったりな企業とマッチングしてみませんか?

 

 

新着イベント
この記事に関連した記事
あなたにおススメの記事