就活/準備 2018.10.18
広告代理店に受かるための志望動機の書き方 ~人気の高い広告代理店を志望するライバルと差をつけるために~

目次 [非表示]

    「広告代理店」

    広告代理店は学生からの人気が高い業界のため、ライバルがとても多いです。

    就活生は広告代理店に受かるための志望動機をしっかりと書いて書類選考を通過したいと考えています。

    しかし、やみくもに志望動機を書いても希望する広告代理店に受かることは難しいです。

    そこで、大切になるポイントは広告代理店の仕組みを把握し、志望している会社の経営方針を調べることです。

    志望している会社の経営方針から欲しがっている人材がどんなタイプの人間か想像しながら自分のアピールポイントを志望動機にまとめていきます。

     

    広告代理店の仕事

    広告代理店の仕事で大切なことは、広告を掲載してほしいと希望する起業とメディアを上手くマッチングさせて利益を上げることです。

    そこで、広告代理店に受かるための志望動機の書き方で大切なポイントになるのは、自分を企業に入社させたらどのような利益があげられるのか具体的な根拠を示すことです。

    例えば、広告を掲載してほしい企業とメディアを自分の考えた新しい方法でマッチングさせたいなど具体的な提案をすると他の志望者と差別化をはかれ、採用担当者の目にもとまりやすくなります。

     

    広告代理店でどのような働き方をしたいのか

    広告代理店に受かるための志望動機を書くなら、その業界の仕事内容を詳しく把握することも大切なポイントになります。


    広告代理店の主な仕事にはクリエイティブディレクターアートディレクター広告営業などがあります。

    クリエイティブディレクターは広告を作成する上での総責任者です。

    広告制作にかかわるすべての仕事をこなすため、業務内容は多岐にわたります。


    アートディレクターは広告のビジュアルを担当する総責任者です。

    デザインを担当するスタッフやカメラマンと協力してデザインを決定していく仕事のため、発想力や企画力が求められます。


    広告営業は文字通り営業担当者です。

    広告を掲載してほしいと希望する企業とメディアを上手にマッチングする役割を持っています。
     

    自分がどの分野に向いているのか、将来企業に就職した際にどのような働き方をしたいのかを明確にすることで、広告代理店に受かるための志望動機の書き方がわかってきます。

     

     

    広告代理店が求めている人物像

    就活生に人気の広告代理店ですが、近年求めている人材像が変化しています

    少し前の広告代理店といえば、仕事が多岐にわたり激務なことも多いため、体育会系の人材が求められていたイメージが強いです。

    しかし、ここ最近は流行に敏感で発想力が高く、意識を高く持った向上心がある人材を求めた企業が増えてきています。

    広告代理店が求めている人材は世の中の新しい流れをいち早くキャッチし、この先どのように変化していくのかを想像できる発想力がある人物です。


    企業は応募してきた就活生のスキルよりも今後の成長度合いを気にしています

    就活生の中にはスキルをアピールポイントにしている人もいますが、採用担当者はスキルの高さはあまり見ていません

    採用担当者が見るのは、そのスキルを会社でどのように活かしていけるのかなど具体的な提案です。

    広告代理店に受かるための志望動機を書くには、常にトレンドに敏感で先のことを見据えて行動に移せる人間であるとアピールしていくことが大切になります。

     

    目的と成長予想

    広告代理店に受かるための志望動機を書くために入れた方がいい内容があります。

    それは、入社を希望した目的と入社後の自身の成長予想です。

    入社希望の目的は自分が応募する広告代理店の特徴に沿った理由を考えることがポイントになります。
     

    広告代理店の特徴を事前に把握したうえで、入社を希望したと志望動機に書いた方が理由が具体的なため、採用担当者の目にもとまりやすくなります。

    さらに、入社後の自身の成長予想を明確にすることで、採用担当者に成長意欲がある人間だとアピールできます。

    採用担当者は入社後に成長できる人材を欲しがっているため、上昇志向が強い人物は印象に残りやすいです。

     

    「広告代理店に受かるための志望動機の書き方」

    広告代理店に受かるための志望動機の書き方のポイントを順番にまとめてみます。

     

    業界・企業の特徴

    まず、広告業界を把握し、その業界でないといけない理由を書きます。

    それから企業の特徴を調べ、希望した目的を具体的に(企業が企画した広告の実例など)書きましょう。

    入社後に自分がどのように成長するかプレゼンすることも忘れてはいけません。

    そして将来目標にしていることを具体的に提案してください。

     

    具体的に本当のことだけを

    広告代理店に受かるための志望動機は、上記のような内容を順番に具体的に書いていきます。

    広告代理店に受かるために志望動機を少しでも良く見せようと考え、嘘や内容を大げさに書いてしまうこともあるようですが、必ず本当のことだけを書くようにしてください。

    真実を捻じ曲げるような誠実さを欠く行動は、就職活動以前の人として良くない行為です。

    採用担当者はたくさんの就活生を見てきているため、虚偽の内容を書いても違和感にすぐに気が付きます。

    採用担当者の心象を悪くしないことは、広告代理店に受かるための志望動機を書くうえでとても大切なポイントになります。

     

    先に志望した理由から

    通常の説明文は理由が後から書かれていることが多いですが、広告代理店に受かるための志望動機を書くためには、先に志望した理由を書いてから根拠を書く方がインパクトが強くなるのでおすすめです。

    広告業界に受かるためには他者との差別化をはかることも大切です。

    ネット上の志望動機の例文を参考にしながら似たような文章を書くことを否定するわけではありませんが、他者との差別化ははかれません。

    採用担当者が多くの志望動機を一気に読むことを想定し、選んでもらえるような目を引く志望動機を考えなくてはいけません。

     

    人柄をアピール

    広告代理店に受かるための志望動機を書くために、自分の人柄をアピールすることも必要になってきます。

    広告代理店に受かるための志望動機の書き方で重要なのはポジティブな内容にすることです。

    ポジティブな内容にすることで就活生ならではのフレッシュなところや、常に成長したいと考える熱意を採用担当者にアピールすることができます。

    ポジティブな内容にするためには「豊かな発想力」「成長」「実現」など、明るい未来を想像させるようなワードを使用することも検討してください。

     

    順序立てて

    広告代理店に受かるための志望動機の書き方のコツは、いきなり文章を書きださないことです。

    まず、志望動機に関してや、希望する企業のイメージなど自分の伝えたいことを「希望した理由」「希望した目的」「入社後の成長」「入社後の目標」の4つのカテゴリーに分けて頭に浮かんだワードを順に箇条書きにしていきます。

    ある程度ワードが集まってから言葉を選定し、順序立てて志望動機を書いていきます。

    志望動機は書き終わったら必ず第三者に読んでもらうことが大切になります。

    誤字脱字のチェックだけでなく、自分本位な書き方になっていないか採用担当者の目にとまりやすい志望動機が書けているかもチェックしてもらってください。

     

    企業が求めている人材であることをアピール

    広告代理店に受かるための志望動機の書き方の基本は自分をアピールすることですが、企業側から志望動機をチェックする際は、自分の会社でどれだけ結果を出せる人間なのかを重視します。

    そのため、やみくもに自分のアピールポイントを志望動機に書くことはせず、企業が求める人材が自分であることをアピールする内容を書いた方が採用担当者の印象には残りやすいです。

     

    「最後に」

    広告代理店に受かるための志望動機を書くためには、企業リサーチを事前にしっかりと行いながら、自分という人材と企業をマッチングできるように十分な企画を練ることが大切になってきます。

    新着イベント
    この記事に関連した記事
    あなたにおススメの記事
    2021年3月卒業予定の方
    2022年3月卒業予定の方