catch-img

プロダクションマネージャーの業務はキツイ?必要な6つの要素とは

プロダクションマネージャーとは、映像制作会社などで企画や制作を担当する人達の統括者です。映像業界では「Production Manager」を略して「PM」とも呼ばれています。 映像に関わる一つの作業をするのではなく、企画から仕上げまでの全てを管理している人です。プロダクションマネージャーは映像制作会社に勤めているので、テレビ番組やCMなどの制作に携わっています。仕事内容は、実際に現場へ出て企画の段取りや事前準備、撮影、仕上げなどの統括です。 プロデューサーはテレビやCM制作の責任があり、スタッフの選定やチームの作成などをするでしょう。プロダクションマネージャーはプロデューサーの仕事とは異なり、実際の現場で指示をするのです。

記事を見る

catch-img

デジタルマーケターに求められる役割と必要な性質とは

スマートデバイスが爆発的に普及したことによって、企業におけるマーケティングの取り組み方も大きく変容を遂げました。 欧米から始まり、今もなお発展を続けているデジタルマーケティングのテクノロジーは、海外の国々を超えて日本にも普及。現在は多種多様なメディアを通じて「デジタルマーケティング」という用語を耳にする機会も増ています。 デジタル時代に活用されるマーケティングでは、マーケターは一社の総合広告代理店に頼るだけではなく、専門性を備えた様々な分野のパートナー企業と緊密に連携する必要性が生じてきました。

記事を見る

catch-img

マネジメントするって大変!管理職は悩みが多い!!

管理職がマネジメントをすることは、組織として業務を行ううえで非常に重要なことです。各所でグローバル化が進み、会社が取る戦略は複雑化しています。そんな中、会社の方針に従って部下を導き業務を遂行する管理職の責任は重大です。そして、管理職がマネジメントをする時の悩みも多岐にわたり、その悩みを解決することが、健全な組織運営のためには欠かせないことになります。そこで、管理職の悩みについて、解決策と合わせて紹介していきます。 まず挙げられるのは、新人管理職の負担が大きいという悩みです。業務を行う上で、短期目標と中期目標を共に高いレベルで達成することが求められる中、新人管理職は自身のキャパシティーを超えることがあります。

記事を見る

catch-img

【株式会社オープンエイト】AI×動画で心を動かす体験を!ライフスタイルに革新を起こす3事業

株式会社オープンエイトは、【AI×動画】をキーワードにしたテックカンパニーです。「おでかけ動画マガジン ルトロン」が有名ですが、「動画はあくまでも手段に過ぎない」と言い切り、独自のテクノロジーを軸に自社サービスを展開する急成長企業です。2018年9月に総額15億円の資金調達も発表(累積調達額約40億円)し、マーケティングテクノロジー業界での存在感を増していく同社について、執行役員兼CBOの加嶋雄一(かしま・ゆういち)氏にキャリアコンサルタントの伊藤がお話を伺いました。

記事を見る

catch-img

プロダクションマネージャーとは?どんな仕事内容?

CMなどの広告を制作する際に企画を考える段階から終わりまで携わるのが、プロダクションマネージャーです。広告制作の全体像を把握できるので、ある工程のみでなく広告全体に関わってみたいという方におすすめの職業となっています。

記事を見る

catch-img

広告業界の業務とマネージャーの仕事とは?

広告業界では、いくつかのの部署に分かれて業務を行って、他の部署と連携しながらプロモーション活動を行っていきます。広告業界では、いくつかの部署と職種が共同作業を行って、1つの仕事を仕上げて行くことになります。広告業界でのマネージャーという職の業務とは、この様々な活動を行っている各部署ごとのまとめ役のことを指しています。

記事を見る

catch-img

マーケティング業界でのキャリアアップに必要なスキルとは?

現在マーケティングはインターネット上で施策することが多くなっているため、キャリアアップを目指すならばデジタルツールが使えることは重要です。まずマーケティング業界でスキルアップを目指すならば、SEOに関する知識を身につけましょう。内部対策やキーワードの分析といったSEO戦力に関する知識は現在のマーケティングに欠かすことができない分野です。特にネット上でキャンペーンを成功させたい場合は、SEOに関する知識が必要になります。

記事を見る

catch-img

広告業界にこそ必要な『デザイン・マネジメント』を探る。

これまで、広告業界が必要としてきた主な業務はマスメディア対応と広告クリエイティブがその主な物でした。しかし、流動的で進歩の速度が著しく早まっている現代において、またITの発達が成熟期に達し始めた今、それだけをやっていたのでは市場規模は縮小していく一方です。そこで必要とされるのが『デザイン・マネジメント』という手法。

記事を見る

catch-img

クライアントの都合次第で勤務時間が大きく変わってしまう

広告業界に従事することになれば、残業時間が多くなりがちになることは否めません。広告業界では、クライアントに合わせた仕事が必要になることが多いため、必然的に勤務時間が長くなります。広告業界に限った話ではありませんが、クライアントの要望に応えることは重要です。

記事を見る

catch-img

広告代理店が残業が多い訳とは

広告代理店とは広告を制作したり、雑誌やネット、テレビなどの媒体を介して、クライアントのサービスを代行して宣伝することで利益を得ています。広告代理店はクライアントの意向を常に尊重します。そのため、相手の意向次第では突然変更などを余儀なくされ、どうしても残業をしなければいけないことが多くなるでしょう。

記事を見る

catch-img

他社へのアピール活動を行うマネジメントの仕事

広告業界で働きたい人にオススメなのが、マネジメントを担当することです。マネジメントはイラストを描くときに必要になる美術的なセンスや、人に注目してもらうための文章力を求められていません。その代わりにマネジメントに特化した能力を求められることになります。マネジメントの仕事は、広告を作成する人のような派手さはありませんが、欠かせない役割です。

記事を見る

<information>

         


 RANKING
人気コンテンツ

シンアド転職エージェント 広告・IT/Web業界の転職支援

シンアド就活2020新規会員登録

シンアド就活2021新規会員登録

採用ご担当者様向けサービス案内( 新卒採用 / 中途採用

HALLHEART 運営会社

個人情報保護方針

利用規約

お問い合わせ