Original

グラフィックデザイナーの仕事内容と年収

広告業界のさまざまな職種を解説するシリーズ、今回は「グラフィックデザイナー」を取り上げます。仕事内容や必要なスキル、年収、転職事情について見ていきましょう。


グラフィックデザイナーの仕事内容は?

主に雑誌、ポスター、パンフレット、DM、CDジャケットといった紙媒体のデザインを行うのがグラフィックデザイナーの役割。Webデザイナーとの違いは、制作物が紙かホームページ等のWebかというところです。


グラフィックデザイナーが活躍する業界って?

グラフィックデザイナーが活躍する業界は、広告代理店、出版社、制作会社、アパレル、その他企業の宣伝広告部門という場合が多くなっています。


グラフィックデザイナーになるために必要な資格・スキルは?

グラフィックデザイナーになるために必要な資格は、実は特にありません。「Illustratorクリエイター検定」「Photoshopクリエイター検定」はありますが、取得しているデザイナーが多いわけではなく、それよりも経験、センス、実績が求められます。色の知識を身につけるために「色彩検定」を受験するのはおすすめです。

未経験で独学で学び、グラフィックデザイナーになれるかというと、やや厳しいのが現状。さらに未経験×中途採用でグラフィックデザイナーに挑戦する場合、まず専門学校や通信講座で学び、アルバイトからのスタートを覚悟して、制作会社やデザイン事務所に入って経験を積むことを優先するのが得策です。

面接では二回目が実技試験になることが多いようです。

 <有名なスクール>
 ●東京デザイナー学院
 ●学校法人・専門学校HAL
 ●MACデザインアカデミー
 ●東京デザイン専門学校


グラフィックデザイナー・CGクリエイターに向いているのはどんなタイプ?

 

 ●制作・ものづくりが好きな人
 ●メンタルが強く、体力にも自信がある人
 ●細かいところにも気を遣える人


最後に、グラフィックデザイナーの平均年齢は38歳前後といわれています。センスや体力的なところもありますので、よっぽど強い気持ちがない限り、30代、40代からのチャレンジはお勧めできません。


グラフィックデザイナーの年収

最後にグラフィックデザイナーの年収について。平均月収は約31万円、平均年収は約430万円ほどです。業界全体の水準と比べるとあまりよい条件とはいえませんが、将来的にフリーになり、大幅に年収が上がる方もいるのもグラフィックデザイナー職の特徴です。




<information>

         


 RANKING
人気コンテンツ

シンアド コミュニケーション(広告・PR・デジタル)業界の転職支援

シンアド就活2019新規会員登録

シンアド就活2020新規会員登録

採用ご担当者様向けサービス案内( 新卒採用 / 中途採用

HALLHEART 運営会社

個人情報保護方針

お問い合わせ