Original

Webプロデューサーの仕事内容と年収

広告業界のさまざまな職種を解説するシリーズ、今回は「Webプロデューサー」を取り上げます。仕事内容や必要なスキル、年収、転職事情について見ていきましょう。


Webプロデューサーの仕事内容は?

Web全般のディレクション(指揮)を取る仕事で、Webディレクターと似ていますが、より予算を動かすことやお客様との交渉が多くなる、プロジェクトの全てを統括する責任者です。

Webの知識を豊富に持っているのはもちろんのこと、プレゼン能力がより必要となってきます。Webディレクターの場合、自分で制作することもありますが、Webプロデューサーは指示を出し、全体をまとめプロジェクトを円滑に進める役割が主になります。


Webプロデューサーの年収は?

Webプロデューサーの年収は20代後半だと約400万円、30代では約500万円といわれています。

しかし、有名な制作案件を持つプロデューサーになると1000万円を超えることも珍しくありません。Webディレクターよりも仕事の範囲が広いためより多くの給与がもらえ、IT業界のクリエイター系といわれる仕事の中では最も平均年収が高い職種です。


Webプロデューサーになるために必要な資格・スキルとは?

Webディレクターと同じく、特に必要な資格はありませんが、Webディレクター試験を受けておくのは得策だと思います。

求人としては、Webディレクターの経験を求められる場合も多く、次のステップとしてWebプロデューサーを考えるのが一般的。企画立案から、スケジュール構築、予算の設定などすべての工程に携わり、クライアントとの打ち合わせ、多くのスタッフに指示を与えるなど業務が多岐にわたるので、Web制作の幅広い知識やノウハウを熟知し、管理能力のある人に適正があるといえます。職務経歴書には今までに手掛けたサイト制作、リニューアルの詳細、達成実績などを書くとよいでしょう。




<information>

         


 RANKING
人気コンテンツ

シンアド コミュニケーション(広告・PR・デジタル)業界の転職支援

シンアド就活2019新規会員登録

シンアド就活2020新規会員登録

採用ご担当者様向けサービス案内( 新卒採用 / 中途採用

HALLHEART 運営会社

個人情報保護方針

お問い合わせ