Original

年収アップを勝ち取る「給与交渉術」

転職時に給与条件の確認が重要なのは言うまでもありません。でも、自らその話題を持ち出すのははばかられますよね。そこで知りたい、希望額は提示しつつも好印象を与える給与交渉術とは?


目次[非表示]

  1. 1.年収アップを希望する際に重要なのは「理由」
  2. 2.給与の話はどのタイミングで切り出すのがよいのか?
  3. 3.コンサルタントのサポート体制


年収アップを希望する際に重要なのは「理由」

現在の給与よりも高い額を希望する際は、なぜ給与アップしたいのかという理由を論理的に説明するとよいでしょう。

【例】

  • 現在の勤務先で働き続けた場合、近い将来に昇格・昇給が見込めるため。
  • 今後(具体的に)○○のような成果を出したいため。
  • 現在の仕事内容以上に責任を伴うポジションに就いて、仕事の幅を広げたいため。

つまり、自分がどのように企業に貢献できるのかを示し、提示された年収以上の働きができるということをアピールするのがポイントとなります。


給与の話はどのタイミングで切り出すのがよいのか?

給与の話をするタイミングは、一次面接または二次面接の終盤が好ましいです。自ら質問するのではなく、質問はないかと聞かれた際に切り出しましょう。ただし、最初の質問で給与の話をするのではなく、いくつかの質問のうち最後に聞くのがベターです。くれぐれも待遇面ばかりの質問にならないように注意したいところです。


コンサルタントのサポート体制

給与交渉に関しては、内定後、私たちコンサルタントが企業とご本人との間に入って交渉する場合もあります。その結果、金額が上がった例がいくつもあります。

そのような給与交渉ができる理由は、採用企業の社長や事業部長など決裁権を持った方々から獲得した求人案件を多く取り扱っているため、直接決裁者と交渉しやすいからです。

またシンアド転職エージェントでは、給与交渉だけでなく、その他のサポート体制にも自信があります。まるで「数打てば当たる」かのように多くの求人を紹介し、確率論で考える人材紹介エージェントが多い中、弊社では求職者の志向や希望年収を充分にヒアリングし、本当にふさわしい求人を絞ってご紹介しています。シンアド転職エージェントからのご紹介で書類通過率が高いのはそのためです。



シンアド転職エージェントでは、広告、PR、デジタル業界に特化し、キャリアコンサルタントが転職支援サービスを無料で提供しています


コミュニケーション業界への転職をお考えの方は、是非ともお気軽にご相談ください。


今すぐコンサルタントとの面談を申し込む



<Information>

         


 RANKING
人気コンテンツ

シンアド コミュニケーション(広告・PR・デジタル)業界の転職支援

シンアド就活2019新規会員登録

シンアド就活2020新規会員登録

採用ご担当者様向けサービス案内( 新卒採用 / 中途採用

HALLHEART 運営会社

個人情報保護方針

お問い合わせ