Original

30代平均年収は590万円。2017年広告・PR・デジタル業界年収調査

シンアドは広告・PR・デジタル業界をコミュニケーション業界と総称し、業界特化型のエージェントとして転職支援サービスを提供しています。この業界は高給取りのイメージがありますが果たして実際はどうか。今回はシンアド登録者がいったいどれくらいの年収をもらっているのかを調べてみました。


20代は300万円台、30代は500万円台、40代は600万円台が最多

この1年でシンアドに登録したユーザーの年収を、年代別に見てみましょう。2016年12月~2017年11月末のシンアド登録者のデータを元に算出しました。



20代(水色の折れ線グラフ)で最も多く分布しているのは300万円台(30.5%)で、次に400万円台(28.7%)が続きますが、500万円台以降は一気に少なくなっています。30代(青の線)は500万円台(22.1%)をピークに400万円台から600万円台がボリュームゾーン。40代(紺色の線)になると600万円台が最多ですが、1000万円以上でもう一つのピークができているのが特徴的です。


あなたの2017年の年収試算額と比べていかがでしょうか? ご自身が現在、人材マーケットにおいてどの位置にいるのかの目安になると思います。


平均年収は30代で590万円、40代では760万円に

思っていたよりもみんなが高い年収をもらっているなと感じた人もいるのではないでしょうか。そうなんです、コミュニケーション業界は一般的なビジネスパーソンと比べても高給をもらっている傾向があるのです。平均年収で見るとそれが顕著です。


【大手求人サイト登録者との平均年収比較】


シンアド登録者の平均年収は20代全体で438万円と高く、30代になると590万円に増加、40代では760万円にまで跳ね上がります。これを大手求人サイトが発表している20~59歳のホワイトカラー系職種の男女約29万人を対象にした調査結果(「転職サービスDODA」調べ)と比較したところ、20代から40代にかけていずれの年代においてもシンアドの登録者、すなわちコミュニケーション業界の仕事に携わる人たちの平均年収が大きく上回るという結果になりました。


平均年収の差は年代を追うごとに広がっていく!?

さらによく見ると、全般的な職種を対象とした平均年収とコミュニケーション業界の平均年収の差は、年代を追うごとに広がっているのが分かります。



20代で92万円だった平均年収の差は、30代では135万円に、40代ではなんと219万円にまで広がります。この差は大きいですね。今後も成長が期待されるコミュニケーション業界では、20代を中心に積極的に中途採用を行う会社が数多く存在します。業界未経験者が挑戦できるポジションも実はたくさんあります。給料がすべてではないとはいえ、大事な要素であることは間違いありません。興味があるという方は、一度シンアドのエージェントとの面談で、可能性を探ってみてはいかがですか?■


《調査概要》
・対象者:2016年12月~2017年11月末までの間にシンアドにご登録いただいた20~49歳の男女約3,300名
・平均年収:シンアド登録者が登録時または面談時に自己申告した額面支給額


構成/シンアド編集部


         


 RANKING
人気コンテンツ

シンアド コミュニケーション(広告・PR・デジタル)業界の転職支援

シンアド就活2019新規会員登録

シンアド就活2020新規会員登録

採用ご担当者様向けサービス案内( 新卒採用 / 中途採用

HALLHEART 運営会社

個人情報保護方針

お問い合わせ