Original

【アートディレクター】ビジュアル制作の総責任者!

広告業界のさまざまな職種を解説するシリーズ、今回は「アートディレクター(AD)」を取り上げます。仕事内容や必要なスキル、年収、転職事情について見ていきましょう。

 

アートディレクター(以下AD)とは

紙媒体やWebサイトといった制作物におけるビジュアル表現の責任者。クライアント、プロデューサーなどの意向を汲みながら、クリエイターの実力を引き出し、作品として世に送り出します。

 

アートディレクター(AD)の仕事内容

営業(アカウントエグゼクティブ)からアサインされて、主に案件のビジュアル制作を統括します。大手代理店のADは、自分の手を動かしてデザイン業務をすることは稀で、デザインの方向性を決める、外注先のクリエイターや部下のグラフィックデザイナーに制作の意図を伝える、ビジュアル表現の部分をクライアントにプレゼンするなどの業務に注力します。

 

ADの仕事は、デザイン力はもちろんですが、アイディア力がものを言います。そのアイディアを形にするため、クリエイティブディレクターと共に、広告のコンセプトに沿ったラフづくりを行い、デザイナーやコピーライター、カメラマン、イラストレーターなどのスタッフと連携をとります。

 

プロダクションのADの場合は?

大手広告代理店のADが比較的大きな案件に関わることが多いのに対し、プロダクション(制作会社)のADは、規模の大小を問わずプロジェクトに参画し、時には自ら手を動かしてデザイン作業を行うこともあります。案件の多くは代理店から声がかかり、プロジェクトが進行していきますが、クライアントからダイレクトに依頼がくることも。また、もともとは代理店のADとして活躍していた人が、独立してプロダクションを立ち上げることもあります。

 

アートディレクター(AD)になるには

大手広告代理店のADになるには、美大卒であることが前提です。その中でも内定をもらえるのは大手1社につき、年間たった1~2名、とても狭き門なのです。入社直後はデザイナーとして活躍しますが、同時にアートディレクターへと成長するための訓練もするので、デザイン力はもちろんのこと、センスや企画力、アイデア力も求められます。

 

プロダクションのADになるには

美大、専門学校のほか一般大学であっても入社できる可能性が高まります。どんな場合でも入社当初はグラフィックデザイナーとしてキャリアがスタートし、最初からADとして成長させるための教育を受ける大手代理店と違い、あくまでデザイナーとしての素養を磨きます。もちろん、将来ADとして活躍させるための訓練をする会社もたくさんあるので、会社を選ぶ際は、将来自分がどうなりたいかをきちんと考えることが大切です。

 

アートディレクター(AD)のキャリアアップ

ADとしてキャリアを積み、一流を目指します。役職や会社経営に参加するといったキャリアアップは稀で、その先にあるのは、ずっとADのまま活躍するか、CD(クリエイティブディレクター)へのステップアップです。また、将来独立するという選択肢もありますが、どちらを選ぶかは人それぞれです。

 

プロダクションのADのキャリアアップ

デザイナーとしてキャリアをスタートさせ、だいたい10~15年ほど経験を積むとADとして制作物の責任者となるケースが多いようです。社の規模にもよりますが、より経営に近い立ち位置となり「シニアAD」といった呼称をされる場合も多くなります。

 

アートディレクター(AD)の年収

大手代理店、プロダクションともに個々のスキルや請け負う案件の内容、数によって幅が出ます。目安としては以下の通りです。

 35歳年収 500万円~800万円
 40歳年収 600万円~1200万円

 

800万円~1200万円にまで達するケースは少数。もちろん、独立をし成功するとそれ以上の額に達することもありますが、それはほんの一握りの人だけ。デザインセンスや発想力だけでなく、営業力や経営力も必要になるため、決してやさしい道ではありません。

 

監修/太田芳隆(コミュニケーションエージェント)

 

シンアド編集部

シンアド編集部

         


 RANKING
人気コンテンツ

シンアド コミュニケーション(広告・PR・デジタル)業界の転職支援

シンアド就活2019新規会員登録

シンアド就活2020新規会員登録

採用ご担当者様向けサービス案内( 新卒採用 / 中途採用

HALLHEART 運営会社

個人情報保護方針

お問い合わせ

この内容で送信します。よろしいですか?