catch-img

マネジメントするって大変!管理職は悩みが多い!!

マネジメントをすることは、組織として業務を行ううえで非常に重要なことです。


各所でグローバル化が進み、会社が取る戦略は複雑化しています。そんな中、会社の方針に従って部下を導き業務を遂行する管理職の責任は重大です。


そして、管理職がマネジメントをする時の悩みも多岐にわたり、その悩みを解決することが、健全な組織運営のためには欠かせないことになります。


そこで、管理職の悩みについて、解決策と合わせて紹介していきます。


まず挙げられるのは、新人管理職の負担が大きいという悩みです。


業務を行う上で、短期目標と中期目標を共に高いレベルで達成することが求められる中、新人管理職は自身のキャパシティーを超えることがあります。


また、仕事量が多く、管理職自身もプレイヤーとして業務を行ってしまい、部下のマネジメントが手薄になることもあります。



そこで重要なのは、今後適切なマネジメント能力を身につけるために、新人管理職であるうちにマネジメントの基礎を理解する機会を設けることです。早い時期にそれを理解することで、適切な課題設定ができるようになります。また、自分がプレイヤーとして動くばかりではなく、部下をマネジメントすることの重要性にも気づくことができます。


次に挙げられるのは、社会的環境の変化により身近な管理職像を見る機会が少ないという悩みです。


以前、不景気などを理由に多くの企業で新入社員の採用を抑える時期がありました。その結果、若手が少なく年長者が多いという組織構造になる企業が多くなりました。すると、中堅社員は新人を教育する機会が少なくなり、人を指導する経験をあまり積まないまま管理職に昇格するという状況になってしまいました。


そういった擬似的なマネジメント経験が無いために、マネジメントに必要な能力が身につかず、成果を上げるために人を動かすという意識も育ちにくくなっています。



そこで若手が少ない環境にいた管理職は、マネジメントの基礎を理解するだけではなく、人を動かすために様々な能力を身につけることが大切になります。例えば、状況を適切に把握しながら目標や課題を設定して、臨機応変に対応する能力があります。また、部下が自発的に動くように教育して自らPDCAを回せるようにフォローする能力もあります。


他に挙げられる悩みは、部下の多様化です。


社内の雇用形態が様々なため、正社員・契約社員・派遣社員など雇用のされ方が社員によって違っています。


また、グローバル企業であれば多国籍な社員が在籍しています。


更には、定年後の再雇用などにより、以前は自分をマネジメントしていた人が部下になる可能性も出てきています。


そこで、管理職は部下の状況や様々な事情を認識し、それぞれに合わせてフォローして導くことが必要になってきています。



管理職はコミュニケーションを大切に

また、新人管理職だけではなく、ある程度経験を積んできても悩みは出てきます。仕事のできる人にたまに見受けられますが、一部の部下に自分の意図することが伝わらないことがあります。


複数人の部下がいる場合、殆どのメンバーには適切に指示が伝わり、上手く業務が回っています。しかし、一部の部下には自分の意図することが伝わっていないのか、うまくPDCAを回せていないことがあります。



それは、仕事のできる管理者が自分の基準で指示をするので、部下の能力とその基準がマッチングしていないために発生するトラブルです。自分と部下とでは能力や経験が違うので、部下の基準を把握してその基準に沿って指示をすることで、ミスマッチを防ぐことができます。


他に中間管理職という視点で見ると、上司と部下の板挟みで辛いという悩みもあります。部下は、役職の高い上司よりも中間管理職の方が身近なため、悩みを相談しやすい場合があります。


業務の悩みだけではなく、今の仕事ではなく自分のキャリアを優先したいという内容や、会社はもっと自分を評価すべきだという内容など、悩みは様々です。

さらに上司からは、そのような状況をフォローするのが管理職の役割であるため、適切に対処するようにと言われ、その先は中間管理職に全て任されてしまうことがあります。



そこで大事なのは、やっかいな問題を持ちかけられているという先入観を持って部下に接しないことです。また、部内ミーティングなどではなく個別に対応し、部下の話を十分に聞く姿勢を自らが持つことが大切です。


話し方も重要で、討論のように正論で相手を丸め込もうとするのではなく、相手の目線に立って話をします。そうすることで適切に状況を確認し、打ち明けてきた悩みの裏にある真の問題に気づくことがあります。


逆に、さほど悩むほどのことではないので、まずは部下が自らの仕事に注力するだけで大丈夫だというフォローができるかもしれません。


さらに、状況が適切に確認できたことで上司にフィードバックをして、必要な対策をとってもらうよう依頼することが可能になります。上司も部下の悩みをそのまま伝えただけでは動いてくれなくても、中間管理職が適切に状況を把握することで事の深刻さに気づいて、何らかの対策をとってもらえるかもしれません。




シンアド転職エージェントでは、広告、PR、デジタル業界に特化し、キャリアコンサルタントが転職支援サービスを無料で提供しています。


広告、PR、デジタル業界への転職をお考えの方は、是非ともお気軽にご相談ください。


今すぐコンサルタントとの面談を申し込む



シンアド転職エージェント編集部

シンアド転職エージェント編集部

株式会社ホールハートが運営する、広告業界・PR業界・デジタル業界に特化した転職支援サービス「シンアド転職エージェント」に付属する編集部。他媒体での編集長経験者やフリーランス経験者など多様な編集部員が所属しています。

<information>

         


 RANKING
人気コンテンツ

シンアド転職エージェント 広告・IT/Web業界の転職支援

シンアド就活2020新規会員登録

シンアド就活2021新規会員登録

採用ご担当者様向けサービス案内( 新卒採用 / 中途採用

HALLHEART 運営会社

個人情報保護方針

利用規約

お問い合わせ