Original

【徹底解説】デジタルマーケターってどんな仕事?転職するには?年収は?

デジタルマーケターという職業を知っていますか?

デジタル時代が進み、デジタルマーケティング領域を担うデジタルマーケターは転職市場でもますます需要が増加しています。これからなる場合や転職をする時、仕事内容や必要なスキル・目安となる年収などを知っているといいですよね。

そこでこの記事では、デジタルマーケターについてあらためて解説します。


目次[非表示]

  1. 1.デジタルマーケターとは?
    1. 1.1.デジタルマーケターの概要
    2. 1.2.新卒から就職した場合
  2. 2.デジタルマーケターの年次別・仕事内容や年収とは?
    1. 2.1.1年目
    2. 2.2.2年目~3年目
    3. 2.3.4年目~5年目
    4. 2.4.5年目以降
  3. 3.デジタルマーケターに必要なスキルとは?
    1. 3.1.情報察知能力
    2. 3.2.コミュニケーション力
    3. 3.3.創造性
    4. 3.4.好奇心
  4. 4.まとめ:デジタルマーケターは転職ニーズの高い職業!


デジタルマーケターとは?

デジタルマーケターとは?

デジタルマーケターの概要

マーケティングとは、Web広告やマス広告を使い、顧客の興味を掘り起こして、購買行動へ繋げるための行動です。

マーケティング戦略の分析や考察をしながら、販売の促進を目的に行います。

デジタルのものを用いて、マーケティング手法を考えているのがデジタルマーケターです。最先端技術やインターネットなどを使い、さまざまな方法で商品やサービスの販売促進をしています。

デジタルマーケティングとは、ホームページなどのWeb情報を分析して、マーケティング戦略を考えるものです。デジタルマーケティングでは、SNSやアプリ・メールなどの情報も活用しています。

デジタルマーケターは、Webページの閲覧数などを調べ、そのページに掲載している広告のアクセス数を分析しています。メールの開封率やサイトへの誘導率、SNSでの拡散率やサイトへの誘導率なども分析して、クライアントのイメージや予算に合った戦略を考えるのです。具体的にはリスティング広告やSEO対策をして、その後にアクセス解析やWebサイトの改善をしています。スマートフォンやタブレットを用いたリマーケティング広告やディスプレイ広告なども行うでしょう。


新卒から就職した場合

新卒から就職した場合、最初はデジタルマーケティングかマスマーケティングのどちらかに配属されます。2つを一緒に行っている場合もありますが、デジタルマーケティングとマスマーケティングを分業している企業が多いでしょう。

マスマーケティングは、昔からある新聞やテレビなどを使った広告手法です。インターネットの普及に伴い、デジタルマーケティングの需要は高まっていますが、どちらも欠かせない宣伝手法です。

何年か仕事を続けていると、プレイングマネージャーなどの役職に就くことも可能です。プレイングマネージャーは経営に参画することもあり、プレイヤーとしてもマネージャーとしてもエース級なら特に、重要ポジションとしてとらえられます。


デジタルマーケターの年次別・仕事内容や年収とは?

デジタルマーケターの年次別・仕事内容や年収とは?


1年目

デジタルマーケターの1年目は、仕事内容について理解することが大切です。

まずは上司とペアになって、多くの既存クライアントの仕事をしていきます。

マーケティングに関する知識やノウハウを習得することが最優先です。クライアントとビジネス会話ができるように、ビジネスマナーなども身に付けます。

最初の年収は350万円~500万円ぐらい

仕事を覚えてきたら、規模が小さいクライアントを任されます。一般的には、月間の予算が50万円~100万円ぐらいのクライアントで、数社を受け持つこともあるでしょう。

業務における一連の流れを覚え、さまざまなケースを担当します。


2年目~3年目

2年目や3年目のデジタルマーケターは、担当する予算の規模が大きくなります。

月間の予算が100万円~1000万円ぐらいになるでしょう。

予算規模が大きい分、担当するクライアント数は減ります。平均で約5社~10社で、仕事が大きい分、深く長く付き合うことが目標です。2年目や3年目の時期は、クライアントとの付き合い方や規模が大きい仕事内容を習得していきます。

また、業界の常識だけでなく、応用が利く手法を身に付けなければなりません。プレゼンテーション能力も高め、社内評価も気にするようになります。年収は400万円~500万円ぐらいです。

(参考)【刺さるプレゼン】クリエイティブディレクター松尾卓哉氏に学ぶピザーラ、KIRINなどヒットCM連発の極意


4年目~5年目

4年目や5年目では、月間の予算が500万円~1000万円ぐらいの大きな仕事が多くなります。

また、新入社員の教育をすることもあるでしょう。新入社員が月間予算の少ないクライアントを担当するので、その指導もします。

この時期は、クライアントからの信頼を得て、月間予算額を増やすことが目標です。

さまざまな手法を提案し、予算を上げてもらえるようにプレゼンテーションをします。限られた予算しかないクライアントには、満足できる内容を提供することも大切です。

マーケティングの手法も増え、大規模のクライアントには複数の手法を使ったマーケティングを行います。年収は500万円~600万円ぐらいです。


5年目以降

5年目以降になると、大きな仕事や新人教育だけでなく、マネージャーなどの役職に就くこともあります。

プレイングマネージャーとして、チームのまとめ役になる場合も多いです。

成績などの社内評価が重要視され、高い評価を得ることで昇進できます。

予算の規模に対して適切な提案ができ、広告手法だけでなく通期計画などもするでしょう。月間の予算額が1000万円~1億円以上のクライアントを約3社~5社担当します。

デジタルマーケティング業界では、年功序列の制度を適用しているところは少ないです。成績が良い人やスキルを持つ人が、マネージャーなどの役職に就ける可能性があります。年収は500万円~800万円で、さらに役職によっては手当がつくでしょう。


デジタルマーケターに必要なスキルとは?

デジタルマーケターに必要なスキルとは?


情報察知能力

デジタルマーケターに求められるスキルの1つ目が「情報察知能力」です。

デジタルマーケティング業界は、速いスピードで情報が更新されています。一番良い手法として実践していても、その裏で既に、さらに良い最新の手法が世に出ることもあるのです。

例えば、今まではWebページ上での宣伝や他のサイトにリンクを貼ることで、宣伝をしていました。しかし、情報技術の進歩に伴い、リスティング広告やリマーケティング広告などが普及しています。


リスティング広告
検索結果のページに関連する広告を表示すること
リマーケティング広告/リターゲティング広告
Webページに訪問したユーザーの媒体に広告を載せて、再訪問を促す


これらを活用することで、販売促進効果が高まります。情報を察知して、その時に合わせた手法を選択するスキルが求められるでしょう。


コミュニケーション力

デジタルマーケターに求められるスキルの2つ目が、「コミュニケーション力」です。

デジタルマーケターはクライアントの予算や希望を聞き、最適な提案をしなくてはなりません。希望を無視してしまうと、クライアントからの信用はなくなってしまうでしょう。

つまり、しっかりと希望内容を理解することが大切です。

そのためには、コミュニケーションをとりながら、相手の伝えたいことを聞き出します。

また、デジタルマーケターは分析や販促手法の提案だけでなく、営業も行う場面があります。例えば、新規クライアントを見つける、既存クライアントの予算額を増やすなどの営業活動が大切です。

これらの営業活動を行うためにも、コミュニケーション力は必要になります。


創造性

デジタルマーケターに求められるスキルの3つ目が「創造性」です。

デジタルマーケティングでの手法は、新しい分野として現在進行形で開発途中です。

今後も新しい分析方法や戦略手法を考えていき、マーケティングに活かしていきます。

つまり、デジタルマーケターが新しい手法を提案し、実践していくことがあるのです。クライアントや季節ごとに最適な戦略手法を考えられえる力が必要になります。


好奇心

デジタルマーケターは、「好奇心」がある人が求められています。

Webサイトだけでなく、メールやアプリ・SNSなどのさまざまなものを活用して、マーケティング戦略を考えることが必要です。

そのためには、好奇心を持って多くの媒体に触れることが重要でしょう。分析をする上で、世代別に調べることもあります。SNSを頻繁に使う人の傾向を調べれば、SNSを活用したマーケティングの効果が増します。

つまり、企業や自分目線ではなく、ユーザー目線になってさまざまな情報を取得できる人が求められているのです。

【徹底解説】SNS運用担当の仕事内容とその区分、ニーズ、年収、転職方法


まとめ:デジタルマーケターは転職ニーズの高い職業!

まとめ:デジタルマーケターは転職ニーズの高い職業!


ここまで年次別にマーケターの仕事内容や求められる能力、年収レンジなどを追ってきましたが、もちろん中途採用(転職)の場合はこの限りではありません。

現在の転職市場では企業の求める人材数に対して求職者の比率はおよそ2:8だと言われていて、本当に引く手あまたです。ご自身の市場価値を高めて、ニーズの高い人材として活躍していきましょう。

≫≫ デジタルマーケターの無料転職相談はこちら ≪≪


【この記事を読んでいる方におすすめ】

▶ 10年後、20年後に生き残る人材になるためには?「キャリアコンサルタント目線の市場価値について」マーケターキャリアセミナー(前編)

▶ まさかの年収200万円アップ! 大手デジタル広告会社からマーケティングエージェンシーへ



広告・IT/Web業界の転職支援に強い「シンアド転職エージェント」では、デジタルマーケター、マーケティング職に強みを持つため、多数のご紹介が可能です。


<シンアド転職エージェントの5つの特徴>


1.10年以上続く業界特化型サービスで、企業との強いつながり!シンアド転職だからこその提案力に自信あり


2.社長、役員クラスとの強固な繋がりがあるから実現する、他にはない良質・限定案件オープンポジションが多数


3.対応するコンサルタントは、実際に豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業界経験者だからこそ、相場をわかっている為、条件交渉も強い!


4.ただ提案するだけでは終わらない。場合によっては面接同席フォローやレジュメ添削などあなたの大切な転職活動を徹底フォロー!


5.日々転職成功者が続々と誕生

 

転職成功者のリアルな声はこちら


業界経験豊富なキャリアコンサルタントが、無料であなたにあった求人をしっかりとご紹介いたします。広告業界での転職をご検討なら、まずは「シンアド転職エージェント」にご相談ください。


無料相談はこちらから




●副業でデジタルマーケティングのスキルを磨くなら⇒【 プロの副業

●デジタルマーケティング領域の就活情報はこちら⇒【 シンアド就活


シンアド転職エージェント編集部

シンアド転職エージェント編集部

株式会社ホールハートが運営する、広告業界・PR業界・デジタル業界に特化した転職支援サービス「シンアド転職エージェント」に付属する編集部。他媒体での編集長経験者やフリーランス経験者など多様な編集部員が所属しています。

<information>

         


 RANKING
人気コンテンツ

シンアド転職エージェント 広告・IT/Web業界の転職支援

シンアド就活2020新規会員登録

シンアド就活2021新規会員登録

採用ご担当者様向けサービス案内( 新卒採用 / 中途採用

HALLHEART 運営会社

個人情報保護方針

利用規約

お問い合わせ