catch-img

第二新卒で大手に転職できる?大手が狙い目の理由を徹底解説

大手に入社するのは新卒でないと無理だと思っていませんか?実は第二新卒からでも大手に転職することは可能なのです。 むしろ、第二新卒は大手に転職しやすい時期といっても過言ではありません。 この記事では第二新卒が大手に転職できる理由や第二新卒が大手への転職を成功させるためのコツを紹介しています。 本記事を最後まで読んだ第二新卒の方は、大手への転職成功確率が高まることでしょう。

記事を見る

catch-img

転職の面接で不利にならない退職理由の伝え方!具体例も交えて徹底解説

転職の面接で退職理由をどう伝えるべきか悩んでいる方は多いでしょう。 人間関係や待遇を理由に退職する場合、そのまま面接で伝えたら印象が悪くなってしまうのではと不安に感じますよね。 とは言っても、ウソをつくのも気が引けます。 実は、退職理由の伝え方にはポイントがあるのです。 このポイントを守りさえすれば、実際の退職理由がどんなものであっても、面接官を納得させることができます。 この記事では、退職理由の伝え方のポイント、退職理由別の好ましい伝え方の例文などをご紹介します。 退職理由の伝え方でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

記事を見る

catch-img

第二新卒の転職はなぜ有利なの?理由と成功率を高めるコツ

新卒採用後3年以内に離職した方が対象になる第二新卒。 第二新卒で転職するメリットは多く、一般的な中途採用と比べて転職成功率は高くなります。 しかし、中途・第二新卒問わず転職にはリスクが伴います。そのぶん成功確率はなるべく上げたいですよね。 そこで今回は、第二新卒の転職成功率を上げるためのポイントや、転職のメリットを紹介します。

記事を見る

catch-img

第二新卒の転職でベンチャー企業は選択肢に入るのか?

第二新卒の転職先は、多くの企業が採用を拡大している背景から非常に幅広い選択肢があります。 中には大企業よりもベンチャー企業を中心に転職活動を行う方もいらっしゃるでしょう。 では、ベンチャー企業は一般企業や大企業とどのような点が異なり、何処に魅力的なポイントがあるのでしょうか。 この記事では、第二新卒ならではのベンチャー企業への転職のポイントについて詳しく焦点をあてていきます。

記事を見る

catch-img

ベンチャー企業への転職で起こり得る4つのリスクとは?安心な企業を見極めるポイント

ベンチャー企業といえば、自由な社風、実力主義、やりたい事に挑戦出来るといったイメージがあります。特に若い世代は、自分もこの中の一員になって成長していきたいと転職を検討する人も少なくありません。 しかし実際に転職してみると、「こんなはずではなかった」と感じる人がいるのも現実です。ベンチャー企業への転職ではどのようなリスクが考えられるのでしょうか? 本記事ではそのリスクと、安心な企業を見極めるポイントを解説します。

記事を見る

catch-img

ベンチャー転職でよくある失敗原因は?回避するための3つのポイント

転職活動中の人には、ベンチャー企業を狙っている人もいるかもしれません。ベンチャー企業は、入社してからの成長が期待できたり、社内の雰囲気に活気があったりするところが魅力です。 ただ、こういった企業に転職するときにも一定の準備をしておくことが大切です。応募する企業を選ぶ際に参考にできるのが、実際に転職をした人の失敗例です。 今回は、ベンチャー企業への転職で失敗しないためのポイントを解説します。

記事を見る

catch-img

マーケティングにまつわるコラム・インタビュー記事の一覧(まとめ)

「シンアド転職エージェント」サイト内には、マーケティング職をテーマにした記事コンテンツが数多く公開されています。そこでここでは、ユーザーの皆様によりわかりやすくお使いいただくために、そのすべてを一覧にしてご紹介します。 タイトルと概要をあわせて記載しますので、マーケティング職の働き方について広範囲に知りたい方も、ピンポイントで確認したい方も、便利にご活用ください。

記事を見る

catch-img

ベンチャー企業にまつわるコラム記事の一覧(まとめ)

「シンアド転職エージェント」サイト内には、ベンチャー企業をテーマにした記事コンテンツが数多く公開されています。そこでここでは、ユーザーの皆様によりわかりやすくお使いいただくために、そのすべてを一覧にしてご紹介します。 タイトルと概要をあわせて記載しますので、ベンチャー企業の働き方について広範囲に知りたい方も、ピンポイントで確認したい方も、便利にご活用ください。

記事を見る

catch-img

転職したら終わりじゃない!ベンチャー転職で成功する4つのポイント

ベンチャー企業には世の中にない新しい事業を打ち出し、努力を重ねて大きな成果を上げようという人が大勢集まります。その前向きな姿勢を持っている人に囲まれた環境で頑張って成功を遂げたいという人もいるでしょう。では、魅力的なベンチャー企業に転職して成功を勝ち取るにはどのようなポイントを押さえておくと良いのでしょうか。 この記事ではそのポイントを丁寧に解説しています。

記事を見る

catch-img

《2019年4月最新版》広告業界ベンチャー企業売上高ランキング

近年広告業界では、インターネット広告の市場が拡大し続けています。インターネット広告とは、ウェブページを閲覧した時に表示されるバナー広告やYouTubeで動画を視聴する際に表示される広告動画などです。日常的にインターネットを利用している人なら当たり前のように目にしていると思います。そんなインターネット広告は、ベンチャー企業が多く参入し急成長を遂げている市場です。今回は広告業界におけるベンチャー企業の売上高ランキングを2018年の最新データをもとにまとめました。ランキングを確認しながら近年の広告ベンチャーの動向を紹介します。

記事を見る

catch-img

転職を繰り返す40代ジョブホッパーの5つの成功習慣

なかなか理想の会社と出会うことができずに転職を繰り返している人は、そもそも転職が難しくなる傾向があります。その一方で、転職をキャリアアップにして成功している40代の人の姿も見られます。両者を分ける分岐点はどこにあるのでしょうか。ここでは、転職を成功させているジョブホッパーの成功習慣について紹介します。

記事を見る

catch-img

20代におすすめしたい転職エージェントの活用法

「新しい環境で、自分の実力を試してみたい」「今までとは違った仕事にチャレンジしたい」このような理由で、20代の人が転職を検討するなら、転職エージェントを活用しましょう。必要な知識を身につけ、自分に合ったところを選べば、強力な味方になってくれます。転職エージェント選びに必要な情報を、わかりやすくまとめました。

記事を見る

catch-img

Webデザイナーは情報サービス業!?具体的な仕事内容とその将来性について

制作会社や広告代理店を問わず、Webメディアに関する職種の求人ニーズが高まっています。様々なモノのデジタル化が進む中、Webやインターネットの需要が高まることはもはや必然でしょう。新聞や雑誌など紙媒体の広告費が横ばい・減少傾向であるのに対し、Webメディアはテレビの次に広告費がかけられたメディアにまで成長していることからも、その必要性を感じさせます。 そんな需要が高まりつつあるWebメディアでの業務を行う職業がWebデザイナーですが、一体どのような職業なのでしょうか?掘り下げていくことにしましょう。現役のデザイナーが解説します。

記事を見る

catch-img

《2019年4月最新版》IT業界ベンチャー企業売上高ランキング

IT業界の市場規模は拡大を続けています。特にインターネット業界の成長は著しいです。ベンチャー企業はインターネットを中心に業界に参入する傾向があります。IT業界に就職・転職を考えているなら、成長が著しいインターネット業界で事業を展開するベンチャー企業も選択肢の1つに必ず入るはずです。今回は最新のデータをもとに、IT業界 ベンチャー企業の売上高ランキングを作成しました。就職・転職を考える際にベンチャー企業研究の参考にして下さい。

記事を見る

catch-img

【現役デザイナーが解説】デザイナーとしてのキャリアアップを考えると、ベンチャーへの転職は合理的かもしれない

「実力主義」であるベンチャー企業は、自身のスキルを磨きたいデザイナー達にとって、大変魅力的に映るのではないでしょうか。ベンチャー企業に関するJVRデータベースを作成するジャパンベンチャーリサーチの調査によれば、2018年のベンチャー企業の資金調達額が3,800億円を超えたといいます。また最近では、大企業がベンチャーに出資するケースも増えており、ベンチャー企業の勢いは、今後ますます伸びていくでしょう。そのような日の目の影に隠れるように、筆者はベンチャーの道を選ばず中小・大手企業にてデザイナーとしてのスキルを詰み上げ、後に独立した身です。ベンチャーを選ばなかった理由は、その特有の不安定感に不安を感じていたからでした。独立した後、仕事の関係で個人でベンチャーに関わるようになり、そこからベンチャーの内情を知っていくことになります。そのような背景の筆者が、「デザイナーとしてベンチャーで働くこと」について解説していこうと思います。

記事を見る

catch-img

営業職のベンチャー転職!大手や中小とは何が違う?

「ベンチャー企業で営業職を経験してみたい」最近の転職希望者からよく聞く言葉です。ベンチャー企業は、新事業を開拓する企業ばかりなので、キャリアを積みたいとの考えを持っている人や、今までの実力を試したい人などチャレンジ精神を持つような人に人気があります。とはいえ、本当に新規事業を開拓するというだけで、営業としてチャレンジができる企業なのでしょうか。大手企業や中小企業とは何か違いがあるのでしょうか。この記事では、営業職に転職をするのであれば、大手企業や中小企業とベンチャー企業は何が違うのかを解説していきます。ベンチャー企業へ転職希望の人は、ぜひ今後の参考にしてみてください。

記事を見る

catch-img

必須条件より職務内容に注目すべし!失敗しない求人票の見かた

転職活動を行う際、応募する企業を選ぶためにチェックが欠かせないのが求人票です。求人票ではついつい「必須条件」に注目してしまいがちですが、実は「職務内容」の方が重要だということをご存知でしょうか?今回は、なぜ必須条件より職務内容を重視すべきなのか、その理由を踏まえつつ、求人票の見かたについて解説します。

記事を見る

catch-img

なぜ多くのデザイナーがベンチャー企業に転職するのか?職種別にポイント・注意点も解説

この記事では、デザイナーがベンチャー企業に転職するべきか悩んでいたりベンチャー企業への転職を検討しているデザイナーの方向けに、デザイナーがベンチャー企業に転職するメリットやデメリット、そして転職する際のベンチャー企業ならではの注意点などについて解説していきます。ひとくちにデザイナーといっても色々な職種があり、グラフィックデザイナーの場合と、WEBデザイナーやUI/UXデザイナーなどの職種の場合とで大切なポイントは変わってきますので、それぞれの場合に分けてポイントを整理します。 基本的にベンチャー企業の数は、古くから存在する広告業界よりも、圧倒的にWEB業界のほうが多いので、ベンチャーに転職する場合は、WEBデザイナーやUI/UXデザイナーの求人のほうが多くなります。ただし現在グラフィックデザイナーの人でも、これまでに培ったスキルを武器にしてWEB系のベンチャーに転職する事は可能ですし、キャリアの築き方は色々とあるので、オプションを知っておくとより有利に転職活動を進めることができます。

記事を見る

catch-img

面接で見た目が相手に与える影響は?内定に近づくポイントを解説

転職を考えた時に、合格する為にはどんな準備を心がけていますか?面接の時に、見た目は何よりも自分をアピールする武器になります。どれだけ転職に対する熱意が強くても、どれだけスキルを磨いても、外見の印象が悪ければ何の効力も発揮しない可能性もあるのです。そこで、面接に向かう時には、外見のどんな所に気をつけたら合格に近づけるのかを紹介します。

記事を見る

catch-img

30代の転職を成功させるポイントとは?年収UPのための3つの方法と注意点

この記事では、30代での転職を検討している人に向けて、①20代での転職との違い②30代での転職を成功させるために最も重要なポイント③転職する際に事前に知っておきたい知識(何社までなら転職OKか、社数が多い場合の対策など)④30代のワーキングマザーが注意したいこと⑤年収をアップさせる3つの方法について⑥転職エージェントを利用するメリットのポイントについて詳しく説明していきます。事前に知っておくだけで有利になる知識もたくさん紹介していますので、ぜひ最後までしっかりと目を通してみてください。

記事を見る

catch-img

《2019年8月最新版》PR会社売上高ランキング(日本国内から世界の市場まで)

PR(英:PublicRelations、読み:パブリックリレーションズ。直訳は「公的な関係」)の重要性は年々増し、日本でも徐々にその重要性が認知されるようになってきました。PRパーソンも増え、就職や転職をするにあたって、いま業界がどのように動いているのかや、勢力図などを知っておくことは大切なことですよね。この記事では、日本だけでなく世界のPR会社の2018年最新データをもとに売上高ランキングをまとめました。あわせて日本のPR市場についてもまとめ、PR業界全体を俯瞰しながら業界動向についても解説します。

記事を見る

catch-img

広告代理店の営業職が他業界と共通する点・異なる点

広告業界の代表的な会社は広告代理店です。主にメディアの広告枠を仲介してクライアントに販売することで、手数料(マージン)を得ます。さらに広告代理店には種類があり、総合広告代理店、專門広告代理店(とりわけインターネット広告代理店)、ハウスエージェンシーの3つに分かれていて、それぞれにありかたが異なります。では、ほかの業界と同じく、広告業界でも花形に位置する営業職(アカウントプランナー)の役割は、どのように変わってくるのでしょうか? ここでは、広告代理店3種類の概要を確認しつつ、広告業界の営業職が他業界と共通する点、異なる点を詳しく解説します。

記事を見る

catch-img

正社員VS契約社員「なるなら正社員」は危険かもしれません!

正社員は安定していて、契約社員は不安定。果たして本当でしょうか?最近ではこうした考え方も少なくなってきているようですが、それでも「やっぱり正社員になりたい」とおっしゃる方がたくさんいます。その理由として多いのが「正社員の方が安定しているから安心」「責任のある仕事をさせてもらえるからスキルアップできる」という回答。でもその考え方は、少々危険だと言えます。この記事ではその理由を解説していきます。

記事を見る

catch-img

【大企業とベンチャー】転職するならどっち?ベンチャーで本当に見るべきポイントは2つ!

世の中ではさまざまな領域で次々と新しいベンチャー企業が生まれており、積極的に採用を行っている企業が多数あります。 ただ、いざ転職を真剣に考えたとき、「設立したばかりだから安定していないのでは?」「倒産の恐れはないのか?」と不安を感じる人もいるでしょう。 また一方で、特に20代の方の、ベンチャー企業への転職をは非常に人気が高くなっていますが、理由を掘り下げると、ベンチャー企業の魅力を勘違いしていたり、理解できていなかったりするケースが多く見られるのも事実です。 そこでここでは、シンアド転職エージェントのエグゼクティブコンサルタント飯田賢平が、ベンチャー企業で働くメリットとデメリットを深掘りして解説します。 「晴れて転職したものの目指していたキャリアが築けない」などという結果を招かないように、大切なポイントを押さえましょう!

記事を見る

catch-img

「理想の転職」をするための最高のタイミングの作り方~逆算の方法、インターン副業とは?

これからの時代の働き方は、「働く側主導で働く場所を自由自在に組み合わせながら1つの会社だけに縛られることなく自身の才能を思う存分発揮していけるような働き方」がスタンダードになっていきます。「キャリアの築き方」を考えていくにあたっては、「ワークライフバランス」を意識しながら考えていくことが重要であり、仕事と生活(人生)とを総合的に考えながら、人生のどの時期にどこでどんな仕事をするかを、ロングスパンでデザインしていくことが大切です。本記事では、理想の転職をするための最高のタイミングの作り方について、まとめていきたいと思います。

記事を見る

catch-img

【徹底解説】Web広告運用担当ってどんな仕事?転職するには?年収は?

Web上に表示される広告の企画、設計や入稿、集計から分析を行うWeb広告運用担当。近年特に転職市場で需要が高まっている職種の1つです。この記事では、Web広告(インターネット広告)の運用担当者の仕事内容や転職事情、気になる年収などを、広告代理店勤務の現職マーケティング担当者が解説します。

記事を見る

catch-img

《2019年4月最新版》インターネット広告業界売上高ランキングと広告の種類、展望にみる平均年収

益々勢いを増してきているインターネット広告業界。もちろん電通や博報堂など既存の広告代理店と比べればまだまだ規模が小さいとはいえ、ネット広告業界の発展によってその規模は拡大を続けています。この記事では、インターネット広告業界の売上高ランキングを発表します。あわせてインターネット広告の種類と、これからの展望に見る年収とその実態について迫ります。

記事を見る

catch-img

《2019年4月最新版》広告代理店 売上ランキング(総合広告代理店からインターネット広告代理店まで)

よくある総合広告代理店(統合マーケティングエージェンシー)だけのランキングではなく、今非常に好調なインターネット広告代理店(デジタルエージェンシー)も含めたランキングをまとめました。あわせて日本の広告市場もまとめていますので、業界全体を俯瞰しながら業界動向についても解説します。

記事を見る

catch-img

【広告業界の業種】広告会社/広告代理店とは?職種別仕事内容の具体例、年収、給与、転職事情

広告代理店と聞けば華やかな職業だとイメージされる方は多いのではないでしょうか?ここでは、気になる広告系の仕事の具体的な仕事内容や職種別の具体例、平均年収、給与、転職事情などについてご紹介していきます。

記事を見る

catch-img

事業会社勤務マーケティング職の仕事と年収・役立つ資格・勤務のメリット/デメリット

マーケティングといえば、華やかな職種というイメージを抱いている人も多い、人気の職種です。しかし、実際の業務内容は多岐にわたるので、マーケティングに関心はあっても具体的な仕事内容や年収などに関してはよく分からない場合も多いでしょう。特に人気のある事業会社のマーケティング職に将来就きたいと考えている人は、この仕事の実態を知りたいと考えているのではないでしょうか。そこでこの記事では、事業会社におけるマーケティング職の特徴やメリット、収入などの情報を詳しく紹介します。

記事を見る

<information>

         


 RANKING
人気コンテンツ

シンアド転職エージェント 広告・IT/Web業界の転職支援

シンアド就活2020新規会員登録

シンアド就活2021新規会員登録

採用ご担当者様向けサービス案内( 新卒採用 / 中途採用

HALLHEART 運営会社

個人情報保護方針

利用規約

お問い合わせ