第二創業メンバーを募集!企業と顧客をつなぐ。日本と世界をつなぐ。-インターネットの力で。/クオン株式会社

  • 詳細情報
  • 企業情報


競合のいない、その独自のマーケティング理論・手法により株式会社資生堂/株式会社NTTドコモなど300を超える企業の売上UPに貢献してきたクオン株式会社が、シンアド限定で説明会を開催!


クオン株式会社とは

1996年、「インターネットの本質を追求する」という旗を掲げ、「エイベック研究所」として創業。学生ベンチャーとしてスタートした同社。2016年には創業20周年を迎え、「Quality of Network」に由来する「クオン」に社名を変更しました。

未曾有の少子高齢化を迎える日本市場と向き合う企業経営の課題は、新規顧客の獲得から既存顧客のLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)向上へとシフトしています。今、顧客とのエンゲージメントを育て、それを再現・拡張可能にするマーケティング・テクノロジーが求められています。


提供サービス「QON」

同社の提供する「QON」は、300社(東証一部上場BtoC企業の売上TOP100社の37%)が利用する「消費者コミュニティ」サービスです。

「QON」は、売上の向上とイノベーションを実現するソリューションでありながら、企業と消費者とが繋がり合う広大なネットワークでもあります。このネットワークに、複数の特許技術を組み合わせた最先端のデータサイエンスと、リベラルアーツの深い知のネットワークが加わることで、企業と消費者の新しい関係構築が育まれる「消費者コミュニティ」が形成されます。

混迷した時代に新たなイノベーションを起こそうとしているネットワークの複雑で魅惑的な本質を予感しているあなたの参加をお待ちしています。


「消費者コミュニティ」とは?

「消費者とつながる」と聞いて、LINEやInstagramなどのSNSを思い浮かべる方も少なくないと思います。それらのSNSと消費者コミュニティの違いは何でしょうか。SNSの強みは、「情報拡散」や「広告出稿による認知拡大」にあり、それを活用するのが、いわゆるソーシャルメディアマーケティングと呼ばれる手法です。
 

一方、外部のSNSを利用するのではなく、それぞれの企業が独自の消費者コミュニティ(消費者と企業が双方向につながるインターネット上のネットワーク)を築こうとする取り組みが、急速に増加しています。
 

消費者コミュニティの目的は「消費者と企業の関係構築によるファン化と共創」です。消費者と企業が双方向につながり、共創することで、消費者発のイノベーションが起こるのです。


「消費者コミュニティ」活用事例

〇「じっくりコトコト」の商品ファンが集うコミュニティサイトが創出する“気づき”とは?
https://diamond.jp/articles/-/171191
 

〇ライオンが仕掛けるマーケティング戦略の裏側 -洗剤・洗濯の話題だけで4万人超が盛り上がる“場”をつくる-
http://diamond.jp/articles/-/141482

 

主なクライアント
株式会社資生堂/株式会社NTTドコモ/株式会社セブン&アイ・ホールディングス/アサヒビール株式会社/キユーピー株式会社/ライオン株式会社/森永乳業株式会社/田辺三菱製薬株式会社/株式会社クレハ/大王製紙株式会社/ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社/日本水産株式会社/アクアクララ株式会社/テーブルマーク株式会社/株式会社ドール/株式会社ブルボン/サンスター株式会社/株式会社大丸松坂屋百貨店/ヒューマンアカデミー株式会社/伊藤ハム株式会社/株式会社アテニア/日本ルナ株式会社 他
 


求める人物像

クオン株式会社は、会社の発展と自己の成長を一致させて行動することができる、第二創業メンバーを募集しています。 以下3つの資質を、常に進化し続ける創造的な環境で活躍するために必須の条件と考えています。

●クリエイティビティ
革新的な事業を扱うには、まず、自分自身を革新させなければなりません。過去の経験に縛られることなく、成長に向けて自分を「真っさら(Unlearned)」にできる適応能力、自分自身を創造していく能力が求められます。

●チームワーク
それぞれのミッションは少数チームで動きます。1+1を3にするような、お互いに「創発(Collaboration)」するセンスが求められます。

●タフネス
任されたミッションを達成するまでには、多くの困難が出現します。ベンチャー企業というタフな環境においては、転んでもただでは起きない「主体性(Independence)」が求められます。
 


参加方法

まずは下記の説明会にご参加ください。
 

 

説明会概要

 
日時


本ページ下部の日程をご確認のうえ、お申し込みください。
※所要時間は各回120分です
 

場所


クオン株式会社本社
東京都港区三田2-14-5 Freund三田2階
地図
※「株式会社クオン」と間違われないようお気を付けてください(別会社です)


持ち物


筆記用具
 

服装


自由(私服でもOKです)
 

当日の緊急連絡先


03-2243-4398(代表)
※新卒採用説明会に参加予定であることをお伝えください。

日程

下記日程の募集は締め切りました
下記日程の募集は締め切りました
下記日程の募集は締め切りました

エントリーフォーム

申し込む

企業と顧客をつなぐ。日本と世界をつなぐ。-インターネットの力で。

1996年、「インターネットの本質を追求する」という旗を掲げ、「エイベック研究所」として創業。学生ベンチャーとして出航した私たちは、2016年には創業20周年を迎え、「Quality of Network」に由来する「クオン」に社名を変更しました。

未曾有の少子高齢化を迎える日本市場と向き合う企業経営の課題は、新規顧客の獲得から既存顧客のLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)向上へとシフトしています。今、顧客とのエンゲージメントを育て、それを再現・拡張可能にするマーケティング・テクノロジーが求められています。

また、世界各地に消費者コミュニティを展開し、日本企業の海外市場開拓を支援するため、「JCM(Japan Community Mall)」構想を推進。その第一歩として、ドイツのベルリンに支局を開設(2015年4月)しています。

 

企業データ
事業内容 〇消費者コミュニティの開発/運営/コンサルティング

【主な取引先】
株式会社資生堂/株式会社NTTドコモ/株式会社セブン&アイ・ホールディングス/アサヒビール株式会社/キユーピー株式会社/ライオン株式会社/森永乳業株式会社/田辺三菱製薬株式会社/株式会社クレハ/大王製紙株式会社/ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社/日本水産株式会社/アクアクララ株式会社/テーブルマーク株式会社/株式会社ドール/株式会社ブルボン/サンスター株式会社/株式会社大丸松坂屋百貨店/ヒューマンアカデミー株式会社/伊藤ハム株式会社/株式会社アテニア/日本ルナ株式会社他

■東証1部上場BtoC企業売り上げTop100社の37%が採用
■消費者コミュニティ構築市場において日本トップシェア(矢野経済研究所調べ)
設立年月 1996年創業
資本金 8億9800万円(資本準備金含む)
代表者名 武田隆
平均年齢 34.6歳
社員数 76名
本社所在地 〒108-0073
東京都港区三田2-14-5 Freund三田2階