株式会社インフォバーン

デジタルマーケティング/Webサービス/クリエイティブ

株式会社インフォバーン

企業のデジタルマーケティング支援事業を行うインフォバーン、ターゲティングメディア運営事業を行うメディアジーンが核となっているのが私たちインフォバーングループ。情報の力で社会をエンパワーすることが我々のミッションです。

  • 会社情報
  • 募集要項

情報の力で社会をエンパワーすることが我々のミッション

 
ユーザー視点のコンテンツをつくり、それを的確なメディアのチャネルを通じて配信できるかが、企業のメディア化の成功を左右します。
そこで重要になるのが、デジタルコミュニケーションに特化し、生活者の態度変容を促す“魔法のような戦略”を一緒に実践できるパートナーです。メディア運営やネイティブアドでの拡散施策など、デジタル上のコミュニケーションを一括して行える数少ない「デジタルエージェンシー」、それが株式会社インフォバーンです。
また、株式会社メディアジーンではさまざまなユーザーに対するターゲティングメディアを運営しております。
ブログメディア黎明期に『GIZMODO JAPAN』、『ライフハッカー[日本版]』などを立ち上げ、今では『BUSINESS INSIDER JAPAN』のようなニュースメディアをはじめ様々なメディアを運営しています。メディアビジネスのリーディングカンパニーとして情報の力で社会(や企業や個人)をエンパワーすることが我々のミッションです。
 

 

企業データ
業種

デジタルエージェンシー(株式会社インフォバーン)、ターゲット・メディア・カンパニー(株式会社メディアジーン)

事業内容
・コミュニケーション・プランニング
・オウンドメディア構築・運用
・Webサイト構築・運用
・スマートフォンサイト構築・運用
・コンテンツ企画制作
・広告・SPツール制作
・ユーザーエクスペリエンスデザイン・サービスデザイン
・イノベーション支援
・コミュニティ運営
創業年月

1998年10月30日※持株会社制移行につき、

設立年月日は2015年7月1日      

資本金

7,754万円

代表者名

代表取締役 CVO:小林弘人

代表取締役 CEO:今田素子

平均年齢

33.9歳(アルバイト・業務委託を除く)

社員数

インフォバーングループ 241名(アルバイト36名含む)

本社所在地

東京都渋谷区円山町23-2アレトゥーサ渋谷 1・2・3・4・6F

仕事データ
募集職種・仕事内容
【2020卒新卒採用について】
インフォバーングループの新卒採用は総合職採用です。
インフォバーングループ本社での採用となり、入社後は株式会社インフォバーン・株式会社メディアジーンに在籍出向するかたちとなります。入社後に適正をみて、各部門に配属されます。

【仕事内容】
■株式会社インフォバーン
 
https://www.infobahn.co.jp/

・ディレクター
クライアント企業のブランディング・プロモーションサイト制作のプロジェクト進行管理やコンテンツの企画・編集を担当します。マーケティングの戦略に基づいた新しいメディアの立ち上げや、メディアの運営、改善提案を行います。

・メディアプランナー
アドテクノロジーを使って広告を最適な場所や人に届けるプランニングをします。
クライアントの利益を最大化するために、直接売り上げに近いところで課題解決を行います。

■株式会社メディアジーン 
 
http://www.mediagene.co.jp/

・アカウントプランナー
GIZMODOやlifehacker、BUSINESS INSIDER JAPANといった自社メディアを使って、クライアント企業の商品やサービスのブランディング・プロモーションのため、コンテンツを中心とした広告の企画提案を行います。外部メディアと連携したプロモーションや新しい広告メニューの開発をすることもあります。

その他、本社事業戦略部門(広報・イベント運営)や新規事業開発、自社メディアの運営・改善提案、Eコマースの運営などに配属される場合もございます。

 

人事からのメッセージ

【採用担当者からの3,500字メッセージ】
以下、時間のある方のみ読んでください。

 

うまくいかないみたいな時って、絶対おもしろくなる

『テラスハウス』は男女6名が一つ屋根の下で暮らす生活を撮ったリアリティーショー。

私が三度のメシより大好きなこの番組で、こんなシーンがありました。

ある日、帽子デザイナーのありさ(女性)が展示会に向けて準備を進めていたのですが、時間がなくかなり焦っておりました。夜遅くに帰宅した彼女は、ある男性に相談しました。

その相談相手は半田さん(通称:半さん)。東京藝術大学で建築を学んでいる学生です。

 

ありさ「まだ何にも決まってなくて。什器(じゅうき)もイチから作りたいと思ったけど間に合うか微妙で」

半さん「え!? つくろうぜ」「おれ、めっちゃ画期的なシステムを開発したんだよ。安くて強くてオシャレ」

その場でノートに描いて説明する彼。

半さん「すぐつくるよ、おれ。ワクワクするわ」

 

「ヤバイ、もう時間ないってなって……」と困っていたありさ。

このあと、半さんからとてつもなくかっこいいセリフが飛び出します。

「こういうね、こう、うまくいかないみたいな時って、絶対おもしろくなるから」

 

「うまくいかない時って絶対におもしろくなる」

私もそう思います。

ていうか、このセリフ、私もよく言っていた気がします。うん、絶対に言ってた。

この際、よく言っていたってことにしてください。

仕事ってうまくいかないことだらけですから。でも、うまくいかない時や失敗して悩んでいるときほど、自分自信を成長させることができるチャンスだと思っています。

せっかくのいい機会なのでついでにアピールしますと、

「ワクワクするわ」

これも私、よく言っている気がします。

だって、毎日ワクワクしていますもん。

 

毎日ワクワクしている

会社の帰り、道端に落ちている石を見つめて「これ売れたら一生食いっぱぐれがないな」と思って拾い集めてみたり、某市役所が実施していたクリエイターお試し移住プロジェクトにクリエイターでもないのに参加してみて3週間会社に行かなかったり、「ベルリンにすごい学生がたくさんいると思うんです」と上司に根拠のないプレゼンをしてベルリンに2週間も出張してみたり、会いたい人がいるから無理やり自分好みの採用イベントをやってみたり、毎日違う道を通って歩いて帰って、そこでいい塩梅のバーを見つけちゃってみたり、無理やり新卒採用の仕事と絡めてなかば強引に作ってみた冊子が思いのほか反響がよくて新聞記者に取材してもらったり…etc

とにかくワクワクする毎日です。もしこの日本にワクワク税があったら、いくら納めればよいのでしょうか。もしあるとしたら日本円で払わねばならないのでしょうか。ひょっとするとそれって自分で確定申告しなくてはいけないのでしょうか。それとも、給料から天引きしてもらえるのでしょうか。天引きしてもらうかたちだと、経理の方々に余計な手間をかけてしまうし…申し訳ないなあ。いずれにせよそんな税があったら私は破産してしまう。タックスヘイブンな場所に行きたい…。
 

これまで「LIFE IS CONTENTS」という言葉だけを信じて、ひたすらチャレンジしてきました。自分の魅力が増せば、きっと会社も魅力的に見えて、その結果たくさんの学生がインフォバーングループを志望してくれるようになるんじゃないかって。19卒の採用活動も落ち着き、20卒採用に向けていろいろ動いてみたものの、気づけば2月になり、採用活動に本腰を入れるシーズンに突入しておりました。

 

それでも届かぬ想い

ですが私の想いは足りなかったようです。まだまだ学生さんに届いておりません。無力です。いっそのことインフォバーングループの社員全員をあなたにご紹介したいところですが、それも物理的に難しい。あと、そもそも学生さんの数も年々減少傾向で、採用市場は過酷になる一方。たまに合同説明会なるものに出れば、そこにいるのはキラキラ輝くイケてる人事の方ばかり。そう思いません? ベンチャー界隈の新卒採用担当って会社の顔かつトップセールスだったりしますから。私は全然違います。なぜなら自ら手を上げて新卒採用担当になったから。私は中肉中背でヒゲ面、健康診断F判定、死にかけの肝臓、そしてどことなく漂ううさんくさい雰囲気。合同説明会だと完全に浮いています。上のフロアに突き抜けてしまうくらいぷかぷかと浮いています。

いやあ、困ったな…。

そこで、困った私は「シンアド就活2020」を利用させていただくことを決めました。これを読んでいるということは少なからず我々の業界に興味をお持ちなんですよね? そんなあなたと出会いたい! ああ、便利な世の中になりましたなあ。

おっと、ご紹介が遅れました。インフォバーングループの新卒採用を担当しております、田汲(タクミ)と申します。タクミは苗字です。

 

挑戦者こそイノベーターだ

2018年の年末に行われたビッグイベント「フロイド・メイウェザー・ジュニアVS那須川天心」のエキシビジョンマッチ以前から、日本には挑戦が溢れていました。ヒクソン・グレイシーVS高田延彦、山王工業VS湘北高校(←これはマンガ)、セーラームーンVSダーク・キングダム(←これはアニメ)、金足農業、ワールドカップ、オリンピック…etc

無謀とも言える挑戦だからこそ、人々は熱狂してきました。だって、もしスラムダンクの主役が山王工業だったら、主人公が深津キャプテンだったら、めちゃくちゃ退屈じゃないですか?

 

一軒家のガレージから始まったアメリカ西海岸のベンチャー企業のごとく、インフォバーンは用賀(東京都渋谷区)にある一軒家からスタートしました。出版事業から始まり、ブログシステムの開発、ブログメディアの運営など、デジタルマーケティング黎明期から業界を支え、多岐にわたる事業を生み出してきました。そして、今ではグループ全体で240名の規模になりました。猛スピードで事業のPDCAサイクルを回すなか、その裏では失敗も数多くありました。

「今日の常識は明日の非常識」と言われるようなこの業界。
技術革新、業界の成長スピード、すべての変化に対応しないとあっというまに置いていかれます。

「自らを常にアップデートしていくこと」

それが未来を変える一番の近道だと思います。

みなさん、そのために必要な武器である「好奇心」を大切にしてください。好奇心を持って、何事にもとことん追求し、最後まで責任を持ってやりとげてください。そして、常に謙虚な姿勢でたくさんのことを学んでください。会社に入ったら、きっとあなたがこれまで得た知識や経験をはるかに凌駕するモンスターたちがゴロゴロいるでしょう。そんな中、もし壁にぶち当たったら「なぜできないのか」を考えるのではなく「どうやったらできるのか」を考えてみてください。どうしようもなくなったら、素直にまわりの人たちに相談してください。
あなたにしか超えられない壁があるから、私たちは新卒採用をしているのです。インフォバーンの未来のために一緒に挑戦してくれる仲間を私たちは探しています。

会社を好きになって欲しい

私、会社が大好きなんですよ。

夏はクーラー効いてるし、冬は暖房でポカポカ温かいからずっとTシャツで過ごせるし、会社に行けば仲間がいるし。インフォバーンに限って言えば、渋谷にあるからお昼ごはんや、帰りに寄る飲み屋に困らないし、神泉駅の目の前だから雨にほとんど濡れずに出社できるし。あと、働けばお金もらえるし! そしてなにより、会社に所属することでいろいろなことに挑戦させてもらえるし。

「挑戦したい」って言う学生さんって多いじゃないですか。とくに就活の時期って。挑戦したい子とサークルの副部長やってた子が増えがちじゃないですか。かといって、いざ挑戦するとなるとものすごく大変じゃないですか。追い風ばかり吹いているわけじゃないから、面倒なことも増えそうだし。挑戦するのはあくまでも自分ですしね。
でも、不安になっているあなたを後押ししてくれる存在が「会社」なのです。その「後押し」をプレッシャーととるか、挑戦ととるかは自分の気持ち次第。自分の目指す場所にたどり着くために、会社=インフォバーンを利用してもよし、まだなにをやりたいのかはっきりしていないけどとにかく成長したいからインフォバーンに来るもよし。どんな理由であれ、最終的には好きになって入社して欲しいし、入社してからも好きでいて欲しい。

「そう言われても、会社の魅力なんて入社してみないとわからないじゃん!」って思いますよね。ええ、その通りです。わたしたちもあなたに会ってみないとその魅力はわかりません。ですから、まずはインフォバーングループの会社説明会にお越しください。お会いできる日を楽しみにしております。      

インフォバーン新卒採用担当・田汲 
https://twitter.com/infobahn_jp

 

 

 

エントリー方法・採用の流れ
採用の流れ 【選考フロー】
エントリー

会社説明会・筆記試験・作文

1次面接(人事マネージャー・新卒採用担当)

2次面接(現場マネージャー)

最終面接(役員)

内定

 

採用データ

初任給 月給 27.1万円
(基本給 20万+時間外手当(45時間相当分) 71,000円含む。45時間を超えた時間外労働については追加支給)
昇給・賞与 年2回(6月、12月)
勤務地 〒150-0044 東京都渋谷区円山町23-2アレトゥーサ渋谷
勤務時間 10:00〜19:00(内休憩1時間)フレックスタイム制または裁量労働制
休日・休暇 完全週休2日制(土・日)、祝日、有給休暇、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、代休、リフレッシュ休暇
諸手当 交通費支給あり(月額3万円まで)、慶弔見舞金制度、永年勤続表彰制度
福利厚生 各種社会保険完備(健康保険:関東ITソフトウェア健康保険組合、厚生年金、雇用保険、労災保険、介護保険)部内コミュニケーション費、ワークライフバランス制度
採用予定人数 10名程度を予定